2012年3月 3日 (土)

第8回 統計教育の方法論ワークショップ

一橋大学国立キャンパスにて。標記の会に午後から参加し、発表させていただきました。

到着すると、次期国際統計教育協会会長のIddoGal 教授の講演が始まったところ。通訳がつく講演は初めて。冊子のレジュメも英語ですが、スライドは日本語版が併用されていて助かりました。
統計学習の実習例や、形式的推論よりも非形式的推論が望ましいことなど、今後の情報教育にも役にたつ知識を得ることができました。

一橋大学の会場 特別講演

私は、「生徒自らが測定したデータの分布を考察する」という題で、小中高大9本の授業実践事例の一つを発表しました。統計の専門家の前で素人が話すということになりますが、開き直って「情報科」としての事例であることを前面に出しました。
10センチのテープカットについては、横浜国大付属中学の先生からも事例が報告されました。この教材は今後も幅広く研究されることと思います。

提出した予稿に、ヒストグラムと箱ひげ図の事例を加えて示しました。箱ひげ図や正規分布(標準と誤差の分布)について専門家からのアドバイスもいただき、いい勉強になりました。
発表を推薦いただきました渡辺美智子先生に感謝いたします。

C県の谷川先生も参加されていました。いつも熱心で感服いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年2月 3日 (金)

統計教育ワークショップの予稿集原稿を提出

3月3日(土)の標記ワークショップで授業実践事例を発表させていただく

東洋大学のW先生の紹介により、日本統計学会統計教育分科会主催で3月2日・3日に開催される第8回統計教育ワークショップにて、授業実践を発表させていただくことになりました。本日は予稿集原稿の締切日。協同して教材開発をしてきた海洋科学高校のW先生にも校閲していただき、4ページの原稿を提出しました。

テープを目分量で10センチに切り、その実測値の分布を調べる。目をつむって感覚の10秒をストップウォッチで計測し、その分布を調べる。という2種類の実習を行なったが、ここではヒストグラムを作って考察する内容だった。

実習の様子

その後、新学習指導要領の「数学I」に「データの分析」の章が設けられ、「箱ひげ図」なるものが登場することが分かった。専門家の間では、「ヒストグラム」「散布図」「箱ひげ図」が分布を利用した3大統計グラフだと言うが、高校の数学教員はほとんど誰も知らないのが現状。
見本に提供された全ての数学Iの教科書を見て、これは教科情報との連携ができると考えた。中には四分位数を求めるExcelの関数を紹介している教科書も。

そこで、上記の実習により得ていたデータを用いて、箱ひげ図を作って比較・考察する実習を行なった。

下はストップウォッチの実習を行なった「情報B:」の2クラスのヒストグラム。
ヒストグラムで比較

これを箱ひげ図で表すと、
箱ひげ図で比較

このように、「箱ひげ図」は分布を比較するのに適していることが実感できた。
生徒にとっても、体験的な理解になった。

さらに、テープカットの「情報A」6クラスの分布を箱ひげ図で比較した。
クラスの特徴が顕著に表れている。
6クラスの比較

以上の授業実践事例、さらにそこから得られたことを報告する。

一例として、テープカットのヒストグラムにおけるビークに表れた特徴について。
ピークの特徴

本校の授業におけるデータと、夏の情報科全国大会の見にワークショップにおける教員のデータである。担当者間では「どちらとも読めるような場合は区切りのよい数値で読む傾向があるのでは」という仮説を立てている。他校で同様の実習を行なった先生より、同じ傾向が見られたという。
参考までに、ストップウォッチのデータでは同様の特徴は表れなかった。

今回の発表は、日本統計学会の先生方にご意見・ご指導をいただける機会として楽しみにしている。
なぜこの実習を行ない、広めたいのか、という裏事情についても発表する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

東京情報大学:情報教育研究フォーラムで事例発表

午後から千葉県の東京情報大学に出張。授業事例発表でお招きいただいた。

東京情報大学と千葉県立柏の葉高等学校が主催し、千葉県高等学校教育研究会情報教育部会が講演する第5回「情報教育研究フォーラム」の午後の部にあたる、教科「情報」授業事例発表の4本の中の1本として、「身近なテーマで実測データを分析する」というタイトルで発表させていただいた。

昼前に到着したので、来年度の全国高等学校情報教育研究大会のメイン会場に予定されているメディア・ホールを視察。ちょうど柏の葉高校の生徒が高大連携実践報告をしていた。

110804chiba01 110804chiba02

午後の事例発表はメディア・サブ・ホールにて次の4本

■「タブレット型端末の全員必携で学びはどう変化するか」
  千葉県立袖ヶ浦高等学校 永野直先生

■「問題解決に向けた指導の一例」
  千葉県立船橋芝山高等学校 谷川佳隆先生

永野直先生の発表 谷川佳隆先生の発表

■「”しゃべらない”子供たちの『問題解決』学習 ~ブレーンストーミングとKJ法を活用して~」
  茨城県立石岡第二高等学校 佐々木優子先生

■「身近なテーマで実測データを分析する ~表計算ソフトの活用~」

佐々木優子先生の発表 ワーク中の様子

最初の発表には驚いた。今年度から情報コミュニケーション科を新設した袖ヶ浦高校では、40名の生徒全員がiPad2を使って無線LANと電子黒板が整備された教室で授業を受けているという。学びがどのように変化していくか、その変容の様子が報告された。
普通の教科の授業中は、iPadは補助的な役割で、プリントやノートも使っているそうだ。

最後の私の発表では、ワークショップ形式で、会場の皆さまにテープを10センチにカットしてもらいました。説明中にデータを入力してもらい、度数分布図と箱ひげ図を示しました。
このような実習で、来年度から新カリになる「数学I」の「データの分析」と、情報の授業のコラボレーションが可能になることを伝えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

県の仕事の依頼

GW合間の本日、立て続けに2件の仕事の連絡が入る

どちらも昨年度、県からの仕事としてお手伝いさせていただいた内容。
校長を通じての連絡を受ける。

一つ目は、総合教育センターが企画する実践的授業力向上研修講座「新学習指導要領の実施に向けて」(情報)の講師。中学と高校の情報教育の橋渡しとして、湘南地区の中学での研究との合同発表になるという。予定は今年も7月21日で、授業とは重ならない日程なので助かる。

二つ目は、総合教育センターと高校教育課が連携する教育課程推進委員会。全教科合同の会合もあり、年間で数回、授業を工面しなければいけないことがある。これが辛い。

授業を研究すること自体は楽しいのだが、8種類の科目を担当する今年は厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

総合的な学習の時間コーディネーター養成講座の準備

明日、総合教育センターにて実施される標記講座の準備

本校の総合的な学習の時間「視点(2年次1単位)」と「探求(3年次2単位)」の取り組みの発表依頼があり、総合学科推進グループのN総括教諭と共にお手伝いさせていただく。発表はN先生で、私がPC操作、映像操作をする。県の担当とは管理職を通じて打ち合わせをし、新学習指導要領の「総合的な学習の時間」に向けての実践事例として、発表内容が精選されてきた。

この準備の課程で、「産業社会と人間(1年次2単位)」から「コミュニケーション(2年次2単位)」への流れが『体験型の学習』、総合的な学習の時間である「視点」から「探求」への流れが『探求型な学習』というイメージが固まってきた。従来の科目による『習得型の学習』から、一歩、二歩と踏み出した実践をこなしてきたことを再確認した。

日中は文化祭関係の仕事に追われるため、暗くなってからの打ち合わせ。時間を計ってリハーサルをし、削る部分と追加する部分を調整した。

■先週参加した「総合的な学習の時間」研修講座では、総合学科高校と普通科高校での「総合的な学習」観が、かなり異なることを実感してきた。本校の上記の4つの特色科目では、いわゆる『出口指導』は行なっていない。それでも生徒が学校に目が向いて、社会性・コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力が身について育っていく。これを素直に喜べる教員にとって、総合学科高校は大変やりがいのある職場だ。

■横浜清陵総合高校は、今年2月の国立教育政策研究所生徒指導センターの高等学校教員向けキャリア教育推進用パンフレット「自分を社会に生かし、自立を目指すキャリア教育」-高等学校におけるキャリア教育推進のために-、および、5月17日付けの中央教育審議会キャリア教育・職業教育特別部会の報告「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(第二次審議経過報告)」などに示される「キャリア教育」の推進と、新学習指導要領の「総合的な学習の時間」の探究活動の推進、この2つを両立させて実践できている学校だと認識している。今年になって記事にされたり、発表の機会が増えていることから、外部からも一定の評価を得ているようだ。
しかし、学校は教員が変わるので、その理念とシステムの継承が問題になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

「総合的な学習の時間」研修講座

午後から総合教育センターにて、標記研修に参加。

4時間目の情報の授業の途中から出張。プレゼンの振り返りの作業をするクラスなので、指示をしてTTの先生に委ねて行く。

県立の各校各課程から1名ずつ、合計164人が参加する研修。前半は、文科省教科調査官・国立教育政策研究所教育課程調査官の田村学先生の講義「新学習指導要領における総合的な学習の時間の方向性」。東海道線の人身事故のため、30分遅れてのスタートとなった。

田村先生はテンポの良い質問で参加者を引きつけていく。新学習要領の7つの柱の中でも、とりわけ「思考力・判断力・表現力等の育成」を取り上げて、各教科での習得や活用と「総合的な学習の時間」を中心とした探究活動の重要性を説いていた。本校は教育改革のパイオニアと期待される総合学科であり、総合的な学習の時間を2年次に1単位、3年次に2単位置いて課題研究を行っており、講義の内容は概ね実現している。全国の先進校の事例紹介もあったが、その学校に合った方法で生徒と一緒に学びのスタイルを練り上げていくことが大切だ。
講義を通じて、体験的な学習と探究活動によって、将来の自分に興味を持ちながら高校生活を送らせることが、もはや普通科高校にも求められていることを再確認した。

後半は、5つの分科会に分かれて、6・7人のグループで討議して発表する。私が参加した分科会では、総合学科のグループ、専門コースをもつ学校のグループ、専門学校のグループと、普通科高校のグループが2つ。
総合学科のグループでも、開校して2年目と3年目の学校もあり、新旧の総合学科での情報交換はかなり盛り上がった。本校と同じ平成16年に開講した鶴見総合高校も、今年から課題研究が始まり、先日の発表会では予想以上の成果をあげて喜んでいるという。新しく総合学科になった座間総合と秦野総合の先生にも参考になっただろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

第3回教育課程研究会研究推進委員会(情報部門)

14時より本校、横浜清陵総合高校にて標記の委員会に参加

第2回は金沢総合高校にて実施。情報交換のために委員の学校を回るということで、今回は本校が会場になった。高校教育課の指導主事の他、委員5名全員が集まった。

10~11月に全教科で2回ずつ実施される研究授業について、話しを煮詰めた。情報は、11月4日(木)に大師高校、11月18日(木)に横浜清陵総合高校という予定になった。本校での研究授業は、スクイークで乱数と配列、条件分岐を組み合わせておみくじを作る内容を検討中。木曜日に実施するのは、今年の新採用教員は集団研修を予定するために、木曜日は授業が無いようになっているため。

委員の先生方を生徒に見立てて、当日の模擬授業を行ってイメージを共有した。

17時を大幅に遅れたが、最後にアルゴロジックを紹介させていただいた。上手く手ほどきをしてあげれば、情報A/Bに関わらず、興味を持つ生徒は多いはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

進路指導研究協議全国大会

午後より標記大会の分科会に参加。横浜清陵総合高校の発表に携わる。

インターンシップ巡回訪問の渋谷から新宿経由で国立オリンピック記念青少年総合センターへ。昼食を取り、13時からの発表に向けて、PCの設定と動作確認をする。私は発表補助(PC操作)なのでかなり気がラク。

この大会は、小学校・中学校・高校の進路指導の全国大会であり、それぞれの全体会・分科会が2日間をかけて行われる。本校のキャリア教育の実践が評価され、県・関東ブロックの進路指導協議会からの推薦を受けて発表の要請があった。

私は初めて参加するので「出口指導」の協議ではないかと心配したが、それは全く思いすごしだった。
説明のため、大会要項より、主題と目的を引用すると、

主題
「新学習指導要領と進路指導~キャリア教育の一層の推進のために」
目的
今日、我が国は産業・経済の構造変化、雇用の多様化・流動化等を背景に、就職・進学を問わず、子供たちの進路をめぐる環境が大きく変化しています。また、新しく学習指導要領が改訂され、教育を取り巻く環境も大きく変化し、若者をめぐる様々な課題が浮上しています。
一方、若者の勤労観、職業観の未熟や、社会人・職業人としての基礎的・基本的な資質・能力を身に付けるための取組が十分展開されず、さらには、自分の「生き方を探究し主体的に進路を選択決定」できるようにするための取組が十全に機能していないのではないかといった懸念が、各方面から指摘されているところです。本大会では、これら課題に対応するため、「キャリア教育」及び、「小・中・高校・大学」との連携・協力の在り方、方法などを研究・協議し、進路指導の一層の改善・充実をめざすことを目的としています。
参加した分科会は、「ホームルーム活動・総合的な学習の時間における進路学習の計画と実践(高)」という協議分野で、同じく総合学科高校である福岡市立福翔高等学校とともに、キャリア教育の実践を発表した。

横浜清陵総合高校の発表 分科会の様子

分科会会場は60名ほどの参加。高校教員が多いが、大学教授や出版社の方もいるようだ。来週、本校に取材に来られるリクルート社の方も参加されていた。

本校の発表のテーマは「横浜清陵総合高校のキャリア教育」。サブタイトル「特色科目を軸にして」の通り、「産業社会と人間」「コミュニケーション(学校設定科目)」「視点(総学)」「探求(課題研究・総学)」の4つの科目の学習活動と、卒業生へのアンケートの結果による検証を報告した。しかし、本校はもともと「キャリア教育」の推進を目指してきたのではなく、平成五年に示された高等学校教育の改革の推進に関する会議の第四次報告に基づいて、「総合学科」をしっかり推進してきたのであり、振り返ってみると、それは「キャリア教育」を実践していたということになる。

つまり、「総合学科の理念」は、後から出てきた「キャリア教育」という理念と重なり、今求められている教育の先取りであったことになる。
しっかり「総合学科」してきた学校に在職する身として、嬉しく思う。

発表の内容については、5月に納得研究会で発表した内容をベースに、平成22年5月17日中教審「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(第二次審議経過報告)」の総合学科や「産業社会と人間」の扱いに触れてから、教科「情報」と「産人」の連携の事例、キャリアガイダンス部の資料や卒業生のアンケートを加えたもの。校内新聞の画像をふんだんに使って、生徒の活動の様子を伝えることができました。長瀬先生、御苦労さまでした。

50分の発表後、予定の15分を超す質疑応答があり、高い評価を受けました。私もPC席から一部応答させていただきました。

一部、過去にも示した図だが、特色科目の流れと説明の図を紹介して報告にかえる。

特色科目の流れ

産業社会と人間

コミュニケーション(学校設定科目)

視点(総合的な学習の時間)

探求(課題研究・総合的な学習の時間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

第2回教育課程研究会研究推進委員会(情報部門)

14時より金沢総合高校にて標記の委員会に参加

第1回は総合教育センターで行ったが、本日は委員のいる学校にて。途中、金沢総合高校の産人の発表会の様子を見たが、このように事例紹介と情報交換の場とするには、各校で行うことの意味は大きい。

当面の目標は、10月から11月に全ての教科で実施される公開研究授業について、情報部門のテーマと対象の授業を決めていくこと。全教科での研究テーマは「生徒の学習意欲を引き出し主体的に学習に取り組む態度を育成する授業改善の研究」となっている。

本日は、委員の学校でその頃に行う予定の授業から公開授業の対象としての候補を持ち寄った。委員5名の内、総合学科高校が3校あるので、マルチメディア関係など、共通教科情報を超えた内容もある。

「情報の科学」に繋がるアルゴリズム関係では、スクイークとドリトルの授業案が出ていて、生徒の主体的な活動という点で、スクイークの授業案が選ばれた。
これは私から出した授業案の内の一つだが、他の研修会で実習する内容とかぶらないように修正が必要。生徒が主体的に作品を作れるように、公開授業の時期を睨みながら授業展開を考えていくことになる。

中長期的な問題解決が山積している。
来週までインターンシップの事前指導引率など、出張によって校務が滞ることが予測される。こちらの処理が、現在の問題解決だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

神奈川県立高等学校教育課程研究会:第1回研究推進委員会

14時30分より、総合教育センターにて標記の会合に参加

大講堂で約30分の全体会。18の教科部門を含む23の研究部門で、研究推進委員は124名。それぞれの部門に高校教育科と総合教育センター・体育センターの指導主事がついて、1年間、研究を行う。

今年の教科部門の研究テーマは「生徒の学習意欲を引き出し主体的に学習に取り組む態度を育成する授業改善」
業務は、研究テーマに基づいて様々な授業展開の手法を研究し、取組事例を紹介するとともに「公開研究授業」を実施すること。最終的には研究の成果をまとめ、「研究集録」を作成し、各県立高校及び関係機関に送付するという。

1時間30分の分科会。情報科は教員5名と指導主事2名のチームで、自己紹介と委員長の選出、研究テーマの検討のためのワークショップを行った。

ワークショップは、各委員の所属の情報科の授業において、生徒の学習意欲の現状や課題、生徒の学習意欲を引き出す工夫等についての情報を共有し、研究テーマ検討のヒントにすることが目的。
具体的作業は、ポストイット1枚に1項目を書き、各自10枚程度を用意する。各委員は1枚のカードについて口頭で説明して置く。そのテーマになる見出しを異なる色の付箋でつけ、それに相乗りするように他の委員が説明してカードを追加していく。話題が切れると、他のカードを置いて、そのテーマについて同様に繰替えす。自然と、グルーピングとラべリングができていく。

ワークショップの様子

時間まで繰り返す。総合教育センターの指導主事がまとめて、情報部門の研究テーマとして整理してくださる。第2回は、MLで決めるとのこと。昨年度は各委員の学校を巡っているので、互いの授業を見ながら運営していくことを期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)