« 神奈川県立青少年センター:特色科目発表会の下見に | トップページ | DTP入門:三つ折りチラシの相互評価 »

2012年3月 6日 (火)

図形と画像の処理:後期期末試験

期末試験3日目。私が担当する科目が4科目ありました。

「情報A」、「情報B」はペーパーの試験。「DTP入門」は、三つ折りチラシの作品をプレゼンする実技試験。そして「図形と画像の処理」は、作成したムービーの紹介と工夫した点をプレゼンする実技試験。

AfterEffects上の作り込みの説明には、発表者のPCの画面を、生徒間の中央モニターに転送する。声が通るように、マイクを使ってプレゼンする。
また、教員席のモニターに映る画面をビデオ撮影しておく。

プレゼンする生徒 プレゼンする生徒とモニターを撮影する様子

プレゼンの実技試験では、提出したコンセプトシートと、ビデオ撮影を見ながらじっくり評価する。この作業には手間も時間もかかるが、生徒の創作意欲も高まり、教育効果は高いと感じている。

プレゼン試験を行なっている科目では、1年間のプレゼンをDVDに編集して記録しておく。そして、翌年の授業で、その単元のゴールとして紹介する。これが上手く回ってきて、生徒も教員もストレスが少ない。

|

« 神奈川県立青少年センター:特色科目発表会の下見に | トップページ | DTP入門:三つ折りチラシの相互評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/44394529

この記事へのトラックバック一覧です: 図形と画像の処理:後期期末試験:

« 神奈川県立青少年センター:特色科目発表会の下見に | トップページ | DTP入門:三つ折りチラシの相互評価 »