« 第8回 統計教育の方法論ワークショップ | トップページ | 図形と画像の処理:後期期末試験 »

2012年3月 5日 (月)

神奈川県立青少年センター:特色科目発表会の下見に

試験期間中の午後、3月19日に実施する学校行事の会場を下見に行きました。

本校では毎年実施している、総合学科としての4つの特色科目の学習成果を発表する会。今年は、桜木町駅または日ノ出町駅から徒歩10分の県立青少年センターのホールで実施する。本格的なホールで、回り舞台もあるというオーバースペックの気もあるが、とにかく初めて使わせていただく会場として、教員3名で打ち合わせを兼ねた下見をしてきました。

壇上から見た客席 客席から見たステージ

まずは、舞台の上から見た客席と、客席から見た舞台を体感。広く、圧迫感を感じない。演台の位置や、サブスクリーンの位置を確認しました。

ステージ上の様子 広めの楽屋

舞台上で緞帳やスクリーンの位置を確認。また、袖での照明と音響の調整の概要を伺った。そして、舞台裏の楽屋を確認する。教員スタッフが使う部屋、発表する1年次生の部屋、2年次生の部屋などを構想していく。

昨年は地震の影響で校内実施だった。一昨年までは、その前年度さらに前年度に続き、最寄り駅から近い南公会堂で実施してきた。

今年は、2年次の特色科目「コミュニケーション」1クラスと、「視点」2クラスを担当してきた。そして、特色科目発表会全体の取りまとめの一員でもある。
素晴らしい会場に恥じない演出をしていきたい。

|

« 第8回 統計教育の方法論ワークショップ | トップページ | 図形と画像の処理:後期期末試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/44382659

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県立青少年センター:特色科目発表会の下見に:

« 第8回 統計教育の方法論ワークショップ | トップページ | 図形と画像の処理:後期期末試験 »