« 統計教育ワークショップの予稿集原稿を提出 | トップページ | コミュニケーション:インタビュー実習報告会(クラス内) »

2012年2月 5日 (日)

富山(とみさん)・津森山:水仙めぐりと読図練習のハイキング

川崎の自宅からは車で至極便利な内房総。標記のハイキングに出かけました。

浮島ICからアクアライン経由で鋸南富山IC。さら5分ほどで富山のハイキングコースの駐車場に到着。ここまでほぼ1時間。曇りときどき晴れという天気だったが、ほとんど無風で過ごしやすかった。

富山に向けての登山道を登り始めて間もなく、斜面を切り開いた畑に一面の水仙。今年は咲くのが遅いようで、ちょうど最後の見ごろだという。

道脇の水仙 道脇の水仙

低山とは言え、ほどよく汗をかき、登山の気分をたっぷりと味わえる。
富山山頂にて早めの昼食、カップヌードルとおにぎり。カップヌードルは10年ぶりぐらいか、山で食べるととても美味い。

富山頂上にて 昼食の準備

駐車場に戻り、車で大崩(をくずれ)まで移動。棚田の風景と道脇の水仙を楽しみながら津森山に向かう。
途中、香りのよい蝋梅もありました。

斜面の水仙畑 蝋梅

小規模な林道を登りつめ、最後は登山道で津森山頂へ。道標が乏しく、地図とコンパスを使った読図の練習にはもってこいのコースでした。この辺から登山道に入るはずだと目配りしていると、足元に落ちていた道標を発見。等高線を頼りにした読図も少し身についてきたかな。
山頂からは房総の山々の景色を十分に堪能しました。遠くは丹沢や伊豆半島の山影まで分かりましたが、残念ながら富士山は見えませんでした。

津森山への道標 富山を望む

先ほど登った富山の双耳峰。地形や距離のカンが分かってきたかも。

|

« 統計教育ワークショップの予稿集原稿を提出 | トップページ | コミュニケーション:インタビュー実習報告会(クラス内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/44025044

この記事へのトラックバック一覧です: 富山(とみさん)・津森山:水仙めぐりと読図練習のハイキング:

« 統計教育ワークショップの予稿集原稿を提出 | トップページ | コミュニケーション:インタビュー実習報告会(クラス内) »