« 「情報機器を活用して講演や発表会を演出する」 | トップページ | DTP入門:ベジェ曲線でグリーティングカード作成 »

2011年12月 8日 (木)

喫煙防止教室

2年次はLHRを使って多目的ルームにて喫煙防止教室

講師の方にお断りして、いつものように表情をアップで投影する。
ビデオ操作は、新採用の教員。演出の効果について体験的に理解してもらった。

111208tobacco01 111208tobacco02

後ろの席からも、臨場感を持って話を聴くことができる。先日のエントリ「情報機器を活用して講演や発表会を演出する」で紹介した記事でも書いたが、聞き手が話し手に興味関心を持つことで、コミュ二ケーションがスムーズになる。
2年次生は「コミュ二ケーション」の授業で習ったノンバーバルコミュ二ケーションの効果を体験的に認識していく。

終了後、サブスクリーンの感触を講師に伺うと、生徒の顔が見えてとても話しやすかったとのこと。今回も好評をいただきました。

|

« 「情報機器を活用して講演や発表会を演出する」 | トップページ | DTP入門:ベジェ曲線でグリーティングカード作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/43318877

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙防止教室:

« 「情報機器を活用して講演や発表会を演出する」 | トップページ | DTP入門:ベジェ曲線でグリーティングカード作成 »