« 慶應理工学部矢上祭:研究室を見に行こう | トップページ | 4度目の基本情報技術者試験 »

2011年10月10日 (月)

草紅葉の尾瀬ヶ原と紅葉混じりの至仏山

夏の立山黒部アルペンルートに続いてトレッキングのツアーに参加しました

10月9日・10日の1泊2日の旅。
初日は7:15分、新宿から小型バスに乗り込んで一路、鳩待峠に向かう。この日は尾瀬ヶ原を自由に散策という予定。途中、関越の事故渋滞があって、到着は12時30分。暗くなるので16時30分には鳩待峠に戻るということで、実質4時間弱の散策となる。

111009oze01 111009oze02

山の鼻まで50分。木道の下りも、人が多くてゆっくりの移動。

111009oze03 111009oze04

目の前に広がる尾瀬ヶ原は一面の草紅葉。この歳で初めての尾瀬に感動しました。燧ケ岳に向かって伸びる木道を散策します。

111009oze05 111009oze06

絵になる景色が続いてついパチリ。戻る時間を考えると、牛首の分岐点までが精いっぱい。

111009oze07 111009oze08

2日目に登る至仏山を正面に見て、来た木道を戻ります。急ぎぎみで60分を切りました。
同じツアーでも山小屋に泊まるグループとホテルに泊まるグループがあります。山初心者の私は、疲れを残さないためにも、大浴場のあるホテルにしました。夕食は、知り合った仲間たちと情報交換で盛り上がりました。

111009oze09 111010oze01

朝は5時起き。6時には朝食を済ませ、小型バスで鳩待峠に移動。鳩待山荘に泊まっていたグループと合流して、40名の大ツアー。目指すは至仏山頂上。往復で10キロ弱のコース。尾瀬のガイドが3人(一人は見習い)と、ツアーコンダクター2名が同行するので、心強い。ガイドからの説明を受けて、全員で体操。出発は7時20分。

111010oze02 111010oze03

尾根のコースとはいえ、最初の1時間ほどは木々の中を進む。景色よりも紅葉がかった木々を楽しむ。左手には尖った笠ヶ岳が見える。

111010oze04 111010oze05

途中から視野が開け、空も快晴に。まだ木道の部分もあり、ハイキング気分で快調。

111010oze06 111010oze07_2

途中のピーク、小至仏山に近くなると岩場が多くなり、両手をついてよじ登ることも。岩がつるつるでよく滑りました。まだ、足の運び方が甘いのでしょう。

111010oze08 111010oze09

ちょっと下って、至仏山頂上へ。山の鼻から登ってきたツアーもあって、到着時は座る場所がないくらいに混みました。

111010oze10 111010oze11

360度のパノラマを楽しみながらの弁当は格別。前日に歩いた尾瀬ヶ原の景色が目に焼きつきました。

111010oze12 111010oze13

年配の方や初心者の方もいるので、ゆっくりの行動。行き違うツアーとの道の譲り合いも適度な休憩になりました。下りの後半はストックを使ってヒザの負担を軽減します。初めて使ってみましたが効果絶大!

14時20分、ちょうど7時間をかけて全員が無事に鳩待峠にもどりました。

途中、温泉で1時間の休憩。汗を流して疲れを取り、広間でくつろいでビールで乾杯。
帰りも高速は事故渋滞。新宿に到着したのは21時近かった。

最高の休日を過ごしました。どうやら、トレッキングにスイッチが入ったようです。

|

« 慶應理工学部矢上祭:研究室を見に行こう | トップページ | 4度目の基本情報技術者試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/42512786

この記事へのトラックバック一覧です: 草紅葉の尾瀬ヶ原と紅葉混じりの至仏山:

« 慶應理工学部矢上祭:研究室を見に行こう | トップページ | 4度目の基本情報技術者試験 »