« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月16日 (日)

4度目の基本情報技術者試験

今年春の基本情報技術者試験に続き、4度目の基本情報技術者試験

会場は、自宅から5キロほどの川崎市立総合科学高校。平成13年秋に、初めて基本情報技術者試験を受けた会場でもある。自転車で行こうと思っていたが、雨の心配と風が強かったためにバスを乗り継いで行った。

受験した教室では、39名分の座席に対して28名が受験、そのうち10名が女性。ほとんどが学生で、社会人らしい方は8名で30代まで。私は飛びぬけて高齢。

過去にアセンブラ、表計算、Cで合格しているので、今回の言語選択はJAVA。何年も前に学習したものを、この夏に復習しておいた。過去問題を解いて、実際に打ち込み、改変しながら理解を深めてきた。が、1ヶ月ほど遠ざかっていたため、不安のまま受験することになった。

午前問題は30分以上余ったが、午後問題は問6・問7で時間がかかってしまい、問8を30分かけて解いたときには、残り時間が25分。APIの説明の読解には時間がかからなかったが、言語問題にこの時間では、かなり焦る。この歳なのでじっくり取り組めないと厳しい。

夕食後、IPAのサイトで自己採点。
結果は午前問題89点、午後問題82点。前回をかなり下回ってしまった。

午前問題の自己採点

午後問題は、時間を測って解くトレーニングが必要!分かってたのに対策できなかった。

午後問題の自己採点

Javaの問題は時間が足りず、この点で仕方ないが、他の問題の失点について、自分に納得が行かない。来年春は、どうしようか。COBOLで基本情報を制覇するか、また応用情報にするか。

帰りは多摩川の土手を通って自宅までウォーキング。いい景色でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

草紅葉の尾瀬ヶ原と紅葉混じりの至仏山

夏の立山黒部アルペンルートに続いてトレッキングのツアーに参加しました

10月9日・10日の1泊2日の旅。
初日は7:15分、新宿から小型バスに乗り込んで一路、鳩待峠に向かう。この日は尾瀬ヶ原を自由に散策という予定。途中、関越の事故渋滞があって、到着は12時30分。暗くなるので16時30分には鳩待峠に戻るということで、実質4時間弱の散策となる。

111009oze01 111009oze02

山の鼻まで50分。木道の下りも、人が多くてゆっくりの移動。

111009oze03 111009oze04

目の前に広がる尾瀬ヶ原は一面の草紅葉。この歳で初めての尾瀬に感動しました。燧ケ岳に向かって伸びる木道を散策します。

111009oze05 111009oze06

絵になる景色が続いてついパチリ。戻る時間を考えると、牛首の分岐点までが精いっぱい。

111009oze07 111009oze08

2日目に登る至仏山を正面に見て、来た木道を戻ります。急ぎぎみで60分を切りました。
同じツアーでも山小屋に泊まるグループとホテルに泊まるグループがあります。山初心者の私は、疲れを残さないためにも、大浴場のあるホテルにしました。夕食は、知り合った仲間たちと情報交換で盛り上がりました。

111009oze09 111010oze01

朝は5時起き。6時には朝食を済ませ、小型バスで鳩待峠に移動。鳩待山荘に泊まっていたグループと合流して、40名の大ツアー。目指すは至仏山頂上。往復で10キロ弱のコース。尾瀬のガイドが3人(一人は見習い)と、ツアーコンダクター2名が同行するので、心強い。ガイドからの説明を受けて、全員で体操。出発は7時20分。

111010oze02 111010oze03

尾根のコースとはいえ、最初の1時間ほどは木々の中を進む。景色よりも紅葉がかった木々を楽しむ。左手には尖った笠ヶ岳が見える。

111010oze04 111010oze05

途中から視野が開け、空も快晴に。まだ木道の部分もあり、ハイキング気分で快調。

111010oze06 111010oze07_2

途中のピーク、小至仏山に近くなると岩場が多くなり、両手をついてよじ登ることも。岩がつるつるでよく滑りました。まだ、足の運び方が甘いのでしょう。

111010oze08 111010oze09

ちょっと下って、至仏山頂上へ。山の鼻から登ってきたツアーもあって、到着時は座る場所がないくらいに混みました。

111010oze10 111010oze11

360度のパノラマを楽しみながらの弁当は格別。前日に歩いた尾瀬ヶ原の景色が目に焼きつきました。

111010oze12 111010oze13

年配の方や初心者の方もいるので、ゆっくりの行動。行き違うツアーとの道の譲り合いも適度な休憩になりました。下りの後半はストックを使ってヒザの負担を軽減します。初めて使ってみましたが効果絶大!

14時20分、ちょうど7時間をかけて全員が無事に鳩待峠にもどりました。

途中、温泉で1時間の休憩。汗を流して疲れを取り、広間でくつろいでビールで乾杯。
帰りも高速は事故渋滞。新宿に到着したのは21時近かった。

最高の休日を過ごしました。どうやら、トレッキングにスイッチが入ったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

慶應理工学部矢上祭:研究室を見に行こう

午後は矢上にある慶應義塾大学理工学部の学園祭へ

横浜から東横線で日吉へ。駅でN先生と待ち合わせて日吉キャンパス隣の矢上キャンパスに向かう。目当ては「矢上祭」の実行委員会による企画「研究室を見に行こう」。大会場に様々な研究室の発表ブースがあり、学生が研究内容を説明してくれる。そして、実際に研究室をめぐるツアーもある。

矢上キャンパス 学生による解説

15時には別の会議に移動しなければいけないので、模擬店どころか他の企画展示も一切見なかった。14時からのツアーを申し込む。私たちは、情報工学科の天野研究室を含むコースに参加した。

学生による解説 72台のPS2によるクラスタ

天野研究室では72台のPS2によるクラスタを見学させていただいた。ツアーのガイドから説明まで、全て学生が自主的に行なっているのが良い。

■今回の見学の最大の目的は、来年度の神奈川県情報部会の研究会をこの矢上祭中にお願いするための下準備。情報工学科に特化した研究室ツアーや講演会などによって、高校の情報科教員が大学での研究活動を理解する糧としたい。今年の10月22日に実施する東工大での研究会後、慶應理工学部にアポイントを取って、連絡窓口を探る。今回の下見で、充実した研究会の目途を立てることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の土曜公開講座:情報活用応用講座(2日目)

午前中は、先週に続いて標記講座の第2回目に出張。

11名が情報科学専門学校オリジナルの教材を提供していただき、ベテランの講師の指導のもとに勉強している。私は、休憩時間に情報活用試験の個人申し込み書を配布し、合格に向けてのエールを送った。

座学の学習 タグ打ちの実習

前半は座学中心で、後半は実技が中心。右の写真は、タグを使ってWebページを作成する実習。他の総合学科の生徒と学校以外の場所で学ぶという緊張感が持続している。

■新横浜の横浜デジタルアーツ専門学校では、カラーデザイン講座の4日目が実施されている。色彩検定の公式テキストの内容と、配色の実習が行われた。下の写真は、講師の方より報告用に提供していただいたもの。

配色の構想を練る カラーチップで配色中

本校の2年次生は、次週は修学旅行、その次は文化祭のために参加できない。これは毎年のことだが、ほぼ全員が検定に合格している。今年も文化祭の代休からサポートさせていただきますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

インターン生フォローアップの会:平成23年度第1回

13時より本校にて。夏にインターンで受け入れた学生達との勉強会を実施

昨年度より、情報科の教員を養成するために実施している。参加者は昨年度のインターン生2名、今年のインターン生3名。新採用2年目の先生と、町田高校のO原先生もオブザーバーとして参加して下さった。

先日、神奈川県の教員採用試験の合格発表があり、昨年のインターン生の中からも合格者が出た。他のインターン生も合格の可能性があると思っていたが、情報科の合格者数は採用予定数を下回り、かなりの激戦だったことが想像できる。副校長からも、来年の採用試験に向けてエールを送っていただいた。

まずは、私からアルゴロジック2を使った授業展開例の紹介。解けた問題を、分からない生徒にどのように説明するか実演させてみた。

111002followup01 111002followup02

次は、今年のインターン生3名による模擬授業。

111002followup03 111002followup04

この時期の3年次生としては、十分な出来だ。この夏に採用試験直前の先輩たちの様子を見て来た成果が表れている。

111002followup05 111002followup06

次に、今年C県を受験している4年次のインターン生。実演やワークなどを盛り込んだ、完成度の高い内容に驚く。

111002followup07 111002followup08

最後は、すでに講師として活動しているインターン生からの報告。異なるタイプの3校で勤務して感じることを伝えてくれた。

終了後、串揚げ屋にて懇親会。盛り上がりました。
次のフォローアップの会は皆の都合を聞いて、12月には実施したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

学校説明会:体験授業も満員

10時半に職場に戻り、学校説明会後の体験授業を担当した

10時からの説明会のため、生徒スタッフが念入りの準備をしてきた。この日も、早朝から最後のミーティングに気合が入っていたようだ。

直前の打ち合わせ 正門

スクールライフや特色科目など、伝統的に生徒スタッフが説明することがウりでもある。普通科高校ではないので、横浜清陵総合高校の学びの様子を理解してもらうためには必須のことでもある。1年次生も、予想以上の来校者数の前で立派に説明をしてくれた。

会場全景 控えている生徒スタッフ

説明会後は希望者対象に校内見学と体験授業。私は「DTP入門」を担当したが、受講生3名がサポートしてくれたので満席の中学生も楽しんでくれた。その他、普通科高校にない専門的な科目の講座が用意されている。

DTP入門 書道

社会福祉基礎 写真表現

11月の学校説明会も体験授業がある。
色彩検定の前日なので、私は受験者の補習に専念させていただく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の土曜公開講座:情報活用応用講座(初日)

朝9時より、標記講座の第1回目に出張。会場は情報科学専門学校横浜西口校

神奈川県総合学科高校校長会と神奈川県専門学校各種学校協会との連携によって、夏休みの講座と秋の土曜講座が実施されている。特に、秋の土曜公開講座は、講座の全てを専門学校が担ってくださり、資格試験にも対応できるレベルの学習を進めている。

今年の秋の土曜公開講座は、2週早く始まったカラーデザイン講座と、本日から始まった「情報活用応用講座」の2講座。情報活用応用講座では情報活用試験の2級のカリキュラムを想定している。受講生は5校から12名。

検定の紹介 船橋校長の挨拶

開講の司会を務めさせていだいた。総合学科の校外連携部会の担当校長(相模原総合船橋校長)から挨拶をいただき、私からは情報活用試験2級の案内をした。カラーデザイン講座では全員が色彩検定を目指して頑張っていることを伝え、励ました。

本日の講師は、総合学科合同Webでもお世話になっている、ベテランの杉本先生。
オリエンテーションでは、午前中は講義中心で、午後はパソコンの分解演示などの実習を予定しているという説明。

杉本先生の講義 パソコン分解演示

学校説明会で体験授業を担当するため、1時間で退出させていただいた。写真は、ブログ等の報告のため、情報科学専門学校の職員の方よりご提供いただきました。

本校の生徒も2名参加しています。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »