« DTP活用:前期期末試験は体育祭新聞のプレゼン | トップページ | 情報部会研究会:「TSUBAME2.0と工大祭の見学」を企画 »

2011年9月15日 (木)

産業能率大「キャリア教育接続入試」の合否発表

本日、産業能率大学経営学部のキャリア教育接続入試の発表があった

上記リンクに入試結果がアップされた。今年は募集人数15人と減ったが、受験者51人に対して24人が合格、倍率は2.1倍。最近は、近都県以外からの受験者も増えているようだ。

求める人材として、第一に、

高校での「キャリア教育」、たとえば「総合的な学習の時間」や「産業社会と人間」、「就業体験・インターンシップ」、「進路学習での職業研究」などに積極的に取り組み、キャリア教育を通して、自分の将来について真剣に考えている人。
とあるように、かなり総合学科高校の生徒を意識している。キャリア教育の成果物に関する10分のプレゼンと30分の面接が課される。本校の生徒からも人気が高く、この試験の実施以来、毎年複数の生徒が合格している。経営学科の入試なので、情報科学系列担当の私は、受験指導を直接行っていないが、スライド作成やPC環境の提供で協力してきた。

受験生は、3年次の「探求」での課題研究をベースにして準備を進める。今年は3名が受験し、全員が合格した。過去の合格者が活き活きとした学生生活を送っているのが励みになっていたようだ。

残りの在学期間、研究をさらに深め、学力をしっかり身につけて欲しい。

|

« DTP活用:前期期末試験は体育祭新聞のプレゼン | トップページ | 情報部会研究会:「TSUBAME2.0と工大祭の見学」を企画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/41720106

この記事へのトラックバック一覧です: 産業能率大「キャリア教育接続入試」の合否発表:

« DTP活用:前期期末試験は体育祭新聞のプレゼン | トップページ | 情報部会研究会:「TSUBAME2.0と工大祭の見学」を企画 »