« 神奈川県教員採用試験:模擬授業および個人面接Aの評価観点 | トップページ | やっぱり3DはIMAX:ハリーポッター最終作 »

2011年7月16日 (土)

納得研究会:本年度第3回研究会に参加

14時より、国立東京近代美術館にて。標記研究会に参加。

講師は東京国立近代美術館・研究員である一條彰子さん。
常設展の作品2・3点を選んで「ギャラリートーク(対話型鑑賞)」を実際に体験し、その後、館内会議室にて協議を行なう(さらに、館外での懇親会)という企画。

帰宅後、「VTS(Visual Thinking Strategy)」について調べてみた。VTSジャパンのサイトにある、京都造形芸術大学のナビゲーター養成セミナーStep1の講義レポート(PDF)受講生アンケート要約(PDF)が分かりやすい。

今回のナビゲーター(ファシリテーター)は一條さんと川上さん。14名ずつの2班に分かれて1時間のギャラリートークを体験する。私は(誕生日が)偶数月班に入り、一條さんと行動した。

2階の常設展会場に移動し、まずは、ガラスを隔てて向かい合って立つ鋳鉄の像を鑑賞。

ギャラリートークの様子 ギャラリートークの様子

一條さんの発問「What's going on?」に対して、参加者は感じたことをコメントしていく。外から見て、横からみて、人のコメントを聞いて、時間の経過とともに、新たに感じたことを自由にコメントする。一條さんは、特定のコメントを評価することなく、常に新しいコメントが出やすいようにファシリテートしていく。作品についての情報提供は一切しない。
分かりやすくいうと、鑑賞しながらブレインストーミングをしていることになる。

参考までに、作品のキャプションは、「アントニー・ゴームニー(英)1950- 反映/思索(英語タイトルはRefrection) 2000年 鋳造」

次に、絵画展示場の最初の絵の前に移動。参加者は床に腰をおろして鑑賞し、自由にコメントしていく。
意見が出揃ったところで、参加者の一人に作品のキャプションを読み上げてもらう。
「作者:大岩オスカール1965- 題名:ガーデニング(マンハッタン) 2002年作」という情報が入ると、2001年の9.11事件を絡めて、さらに新しいコメントが出てくる。

参加者全員の「合意」ではない、もちろん「作者が作品に込めた思い」でもないが、その場の「共同感覚」というものが生まれてくる。

ギャラリートークの様子 ギャラリートークについての協議

1時間の「ギャラリートーク」による鑑賞を終え、館内の会議室にて協議を行なった。約30名の納得研究会参加者に、10名ほどの東京国立近代美術館のガイドスタッフ(サポーター)も加わった。このガイドスタッフの皆さんは、「ギャラリートーク」中の我々の様子を観察しておられた。

■途中まで記述。後日補完します。


|

« 神奈川県教員採用試験:模擬授業および個人面接Aの評価観点 | トップページ | やっぱり3DはIMAX:ハリーポッター最終作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/40845656

この記事へのトラックバック一覧です: 納得研究会:本年度第3回研究会に参加:

« 神奈川県教員採用試験:模擬授業および個人面接Aの評価観点 | トップページ | やっぱり3DはIMAX:ハリーポッター最終作 »