« 第4回全国高等学校情報教育研究会:打ち合わせと会場下見 | トップページ | DTP入門:体育祭の新聞をPublisherで作成なう »

2011年6月29日 (水)

視点:東日本大震災に関する小論文の演習(第2回)

2年次の総合的な学習の時間「視点」。小論文講座の単元が佳境。

週1時間の授業だが、小論文演習が続き、書くことが苦手な生徒にとってはかなりのハードルだ。課題は、東日本大震災に関する新聞記事を持ち寄り、その内容に対する意見をもとに400字から600字の小論文を書き上げるということ。事前に、記事の収集と構想メモを書いてくることが宿題。

小論文作成中 小論文作成中

2回目ということもあり、生徒は慣れてきた様子。
教員は、毎回の指導と評価活動が大変だが、生徒の変容を実感できることが嬉しい。

|

« 第4回全国高等学校情報教育研究会:打ち合わせと会場下見 | トップページ | DTP入門:体育祭の新聞をPublisherで作成なう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/40620924

この記事へのトラックバック一覧です: 視点:東日本大震災に関する小論文の演習(第2回):

« 第4回全国高等学校情報教育研究会:打ち合わせと会場下見 | トップページ | DTP入門:体育祭の新聞をPublisherで作成なう »