« 第53回ICTE情報教育セミナー in 早稲田 | トップページ | 視点:東日本大震災に関する小論文の演習(第1回) »

2011年6月22日 (水)

23年度実施神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験:応募状況発表

6月20日付けでこの夏実施の採用試験の倍率が発表された

正確には政令指定都市になった相模原市を入れて「神奈川県・相模原市公立学校教員採用候補者選考試験」と呼ぶ。一次試験は7月3日(日)。情報科は横浜国立大学を会場とするので、受験者が多く、行きのバスは混雑が予想される。

気になる高校情報科では、10名採用予定のところ、71名が応募、つまり倍率は7.1倍。一昨年の13.2倍、昨年の8.7倍に比べて低いだけでなく、高校全体の平均倍率9.6倍(昨年度10.9倍)よりも低い。募集人数が65名(5名増)の高校数学の5.7倍ともそう差はない。

隣の東京都では一足先に応募者の発表があり、高校情報の応募は47名である。(昨年49名が応募し、3名が採用された)。ただし、情報科・商業科・工業科・農業科を合わせて60名という募集なので、受験者にとっては不親切なアナウンスだ。

■本校で実施している、夏の短期集中講座を期間に含む情報科教員を目指す学生のインターンシップ受け入れ。定員の4校4名に対して、現在1校1名が応募している。参加条件は「神奈川の情報科教員を第一志望とする3年次生以下の学生」である。6月末までの応募を待って、7月には面接を行っていく。
将来の情報科教育を担う人材として期待している。

|

« 第53回ICTE情報教育セミナー in 早稲田 | トップページ | 視点:東日本大震災に関する小論文の演習(第1回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/40504629

この記事へのトラックバック一覧です: 23年度実施神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験:応募状況発表:

« 第53回ICTE情報教育セミナー in 早稲田 | トップページ | 視点:東日本大震災に関する小論文の演習(第1回) »