« 情報B:CSSを説明 | トップページ | プ会2Bに参加 »

2011年3月 3日 (木)

TSUBAME2.0を見学

情報処理学会全国大会のイベントとしてスーパーコンピュータTSUBAMEが公開された

16時からの見学会に間に合うように、有給休暇を3時間取り、会場の東京工業大学(大岡山)へ。研究者対象と一般対象の回があるが、もちろん一般対象の回である。

研修室での説明 ラックの前での説明

研修室でスライドと1筐体(ノード)の実物を使って機能の説明を受け、移動してTSUBAME本体の前で運用の説明を受ける。写真も自由ということで遠慮なく。

1ノード GPU

1ノードに、CPUと3つのGPUを搭載していることが特徴。GPUのヒートシンクが目を引く。

正面から ノードのユニット

水冷式のサーバーラックに、30ノードが搭載され、全部で1408ノードがInfiniBandの高速ネットワークで接続されている。

現在、最速のスパコンは中国の「天河」だが、このTSUBAMEは「世界一のグリーン・スパコン」という売りがある。大幅な省電力を実現し、2010年11月のGreen5010Listで、運用中のスパコンとして世界一の座を獲得している。

100億円の開発費で「第2位ではダメですか?」で有名になった、神戸で開発中の「京コンピュータ」はどうなのだろうか。

|

« 情報B:CSSを説明 | トップページ | プ会2Bに参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/39134450

この記事へのトラックバック一覧です: TSUBAME2.0を見学:

« 情報B:CSSを説明 | トップページ | プ会2Bに参加 »