« 応用情報技術者試験:リベンジしました | トップページ | 仕事納め2010:センチメンタルに »

2010年12月27日 (月)

情報部会第4回研究会:IMAGICA東京映像センター

午後から五反田のIMAGICA社の見学会の運営にあたる

神奈川県情報部会の今年度第4回の研究会。アバターをはじめとする3D映画が話題になったことと、年末も稼働している企業ということで、IMAGICA社に見学をお願いした。

エントランス前 目黒川越しに

大崎駅と五反田駅の中間に位置する。1階のロビーに集合し、まずは3Dテレビでスカパー!の3D番組を視聴した。左右が交互に見える液晶シャッターの専用メガネ。モニターからの赤外線を受けて、左右画面の切り替えとシャッターが同期する仕組み。メガネをかけるとみな、リアルさに驚く。後で、サイドバイサイド方式で画像データが送られていると説明を聞く。

ロビーにて集合 スカパー!3Dテレビ視聴

フィルムラボ(撮影禁止)見学の後、3Dコンテンツ制作の基礎知識の説明を受ける。立体視の理論、3D方法論やカメラの種類、3D映画の出来るまでのワークフローなど専門の方から紹介され、質問に対してもかなり詳しく解説していただいた。その後、立派なソファーの試写室でIMAGICA社が作成した3D映像を見せていただいた。

会議室で説明を受ける 試写室にて

お土産に、アナグリフの3Dメガネと参考資料をいただいた。

アナグリフの赤青メガネと資料

ちょうど、「図形と画像の処理」で3D画像の理論を説明しようと考えていたところ。フリーソフトのAnaglyph Makerと組み合わせて使ってみよう。

参加者は、神奈川から15名、東京から6名、千葉から2名。合計23名中、14名が懇親会に参加。現場の高校教員が連携して情報教育を推進すべく、議論に花が咲きました。

|

« 応用情報技術者試験:リベンジしました | トップページ | 仕事納め2010:センチメンタルに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/38237927

この記事へのトラックバック一覧です: 情報部会第4回研究会:IMAGICA東京映像センター:

« 応用情報技術者試験:リベンジしました | トップページ | 仕事納め2010:センチメンタルに »