« 情報A/B:プレゼンの本番がスタート | トップページ | リクルート社の雑誌に本校が紹介されました »

2010年10月 9日 (土)

納得研究会:多摩動物公園にて

多摩動物公園にて、「動物園での学び」を納得する

総合学科なので、3年次生は課題研究を行っている。動物園に関係するテーマで研究している生徒に声をかけてもらったところ、4名が名乗りをあげた。納得研究会のみなさまには、高校生の参加を認めていただいた。

生徒とは10時30分に正門で待ち合わせ。なんと、彼らは開門時から見学していた。

トラ カンガルーの食事

11時から納得研究会のメンバーと合流し、一般向けのガイド「チンパンジーのくらし」に参加。

綱やハンモックで遊ぶチンパンジー 木の枝でUFOキャッチャー

チンパンジーに頭を使わせるため、同時に、見物客に楽しんでもらうための仕掛けが用意されている。解説員は、個々のチンパンジーの動作に合わせて、臨機応変に解説をする。もちろん、個々のチンパンジーの名前をつかって。

この解説員の草野さんが、今回の納得研究会の話者。
午後は、アジアゾーンを歩きながら「絶滅に瀕した動物」をテーマにガイドしていただいた。

解説中 メモを取る高校生

今まで気にしてこなかったが、動物園は「絶滅に瀕した動物」の博物館でもある。繁殖には血縁のない雌雄を確保する必要があるので、全国の動物園のネットワークで個体の貸借を行っている。多摩動物公園はニホンコウノトリの国際血統登録を担当し、その繁殖に力を入れている。

解説員の説明により、動物園観が変わってしまった。
さらに、室内で講義を受ける。ガイドの方法や学校への教材の貸出など、「動物園での学び」のデザインという感じ。

キリンの模様の色を質問 説明に納得

生徒を引率してくる学校の先生には、事前学習用のグッズを貸し出している。理屈(知識)を先に言ってしまうと、見物がつまらなくなるので、その教材には扱いのマニュアルが付いている。いくつかの教材で、その説明をしていただいた。ヒョウとシマウマのお面は、目の(穴の)位置によって視界が異なることを理解できる。

ヒョウとシマウマのお面 キリンとシマウマのフン

乾燥させた動物の糞の匂いを嗅いだ。こういう体験は、現地に行かないとできない。
高校生にも、教科書とインターネットで得られる知識は限られることを実感してもらえた。

閉園時間の17時に解散。草野さん、ありがとうございました。

|

« 情報A/B:プレゼンの本番がスタート | トップページ | リクルート社の雑誌に本校が紹介されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/37171558

この記事へのトラックバック一覧です: 納得研究会:多摩動物公園にて:

« 情報A/B:プレゼンの本番がスタート | トップページ | リクルート社の雑誌に本校が紹介されました »