« 沖縄修学旅行事前指導:月桃の花 | トップページ | 情報A/B:プレゼン本番がタケナワ »

2010年10月12日 (火)

産業社会と人間:仲間の体験を共有する

「産業社会と人間」の時間。7組の同年次生から学びの体験を聞いた。

夏休み中の学びを中心に、チャレンジした仲間からの報告を聞く。インターンシップ・短期集中講座・校外講座・ボランティア・部活動など、将来に繋がることが全て学びの対象。1年次生もそろそろ発表に慣れ、互いの話しを楽しめるようになってきた。

後部座席からの様子

多目的ルームはちょうど1学年分が座れる。後部座席からだと発表者が見えないので、サブスクリーンに顔を投影する。

最前列の様子

それでも最前列はお得。先日、クラスによる座席の位置を変えたところだ。

サブスクリーンを使った演出も生徒が行う。発表者の横顔を映したり、ライントレースの走行の実演では、その動作を拡大して表示する。完走やコースアウトの実演には、全員からの反応がある。

発表者の横顔を表示 ライントレース実演直前

6時間目は、各ホームルームでの活動。まずは、他者から学んだことを各自で書きとめ、グループでディスカッションする。最後にグループの代表が、まとめを報告する。

グループディスカッション

来週も数組の発表がある。並行して情報A・Bの個人プレゼンもあるので、1年次生はここ2週間ほどでかなり成長する。

|

« 沖縄修学旅行事前指導:月桃の花 | トップページ | 情報A/B:プレゼン本番がタケナワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/37206817

この記事へのトラックバック一覧です: 産業社会と人間:仲間の体験を共有する:

« 沖縄修学旅行事前指導:月桃の花 | トップページ | 情報A/B:プレゼン本番がタケナワ »