« 産業社会と人間:卒業生の話しを聞く | トップページ | 藤沢総合高校の情報の授業を見学 »

2010年10月 6日 (水)

情報A/B:プレゼンのリハーサルと改善作業

1年次の情報A/Bでは、事業所見学のプレゼンの準備をしている

開校以来の恒例の取り組み。「産業社会と人間」で事業所見学に行くが、産人ではグループ報告、情報では個人プレゼンというように、趣を変えての発表を指導している。この期間、報告のためとはいえ、「職業」についてかなりの時間考え続けることになる。現在は、中学卒業時に就職か否かと考えることは稀だ。この年齢で、職業について考えさせることが「キャリア教育」として価値がある。将来の職を考えよ、決めよ、という追い込みはけしてしてはいけない。情報共有のための「報告」をすることで、「職業観」を養っていくことが大切。

クラスによって進度が異なるが、リハーサルをするクラス、その後の改善作業をしているクラスが多い。早いクラスは今週の金曜日に発表会となる。

リハーサルのクラス 改善作業のクラス

リハーサルは4人でグループを作り、互いのプレゼンの評価をし合う。大半がこの時点では不完全なので、次の改善授業での集中力が凄い。ここで、リハーサルの必要性を理解させることができる。

|

« 産業社会と人間:卒業生の話しを聞く | トップページ | 藤沢総合高校の情報の授業を見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/37109843

この記事へのトラックバック一覧です: 情報A/B:プレゼンのリハーサルと改善作業:

« 産業社会と人間:卒業生の話しを聞く | トップページ | 藤沢総合高校の情報の授業を見学 »