« 教科情報の新科目「情報デザイン」に向けて | トップページ | 静かなPC教室で評価活動 »

2010年9月10日 (金)

探求(課題研究):中間論文提出日

3年次生は、本日17時が中間論文の提出期限。

2年次後半に研究テーマを決め、3年次は2単位で1年間をかけて課題研究を行う。7月に中間発表をし、本日が3200字以上の中間論文の提出日である。1・2年次の科目履修データの提出日と重なり、昨日・今日と放課後は5部屋のPC教室が溢れている。

PC教室が混むことは予想でき、夏休中に完成して提出している生徒もいる。受験の準備もあるので、早めに終えたいということでもあろう。今後、さらに研究を進めて、12月までに最終発表と4800字以上の最終論文を仕上げていく。
担当の情報科学系列の生徒は全員提出し、一安心。後期の授業が始まったら、互いの論文を読みあうゼミ形式の展開を予定している。

総合学科が創設された際、その原則履修内容として、科目「産業社会と人間」、「情報関係基礎」そして「課題研究」が示された。「情報関係基礎」は、現在の「情報A/B/C」で代用される。「課題研究」は総合的な学習の時間を当てているが、実質は課題研究を実施していない総合学科もあるという。本校では、「総合学科の学びの集大成」として指導に取り組んでいる。

新しい教育課程の「総合的な学習の時間」では、探究的な活動として、課題研究が推進されている。総合学科が教育改革のパイオニアとして期待されたが、横浜清陵総合高校はその王道を行けていると自負している。今でいう「キャリア教育」を推進してきた成果が、様々なところから頼まれる事例発表の依頼という形で表れている。

|

« 教科情報の新科目「情報デザイン」に向けて | トップページ | 静かなPC教室で評価活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/36721889

この記事へのトラックバック一覧です: 探求(課題研究):中間論文提出日:

« 教科情報の新科目「情報デザイン」に向けて | トップページ | 静かなPC教室で評価活動 »