« コミュニケーション:思い。届け! | トップページ | 産業社会と人間:総合学科で学ぶ »

2010年9月27日 (月)

インターンシップ報告会:前日の準備

明日の放課後、35名の生徒によるインターンシップ報告会を実施する。

今年で7回目。横浜清陵総合高校が開校した初年度から実施しており、総合学科推進部という分掌が担当する。神奈川県経済同友会のご協力を得て、受入れ事業所数が増えてきた。そこで、ここ3年間は2会場に分けて実施している。インターンシップは希望者のみだが、1年次生も「社会人講話」と「事業所見学」の後なので、心構えはできて参加している。

明日の報告会が「事後指導」になる。体験しっぱなしでは「キャリア教育」にならないことは、各方面から指摘されている。報告で振り返り、他の報告を聞くことで体験が深化していく。
今回は事業所別の18グループが9グループに分かれて発表する。昼休みや放課後にリハーサルに付いて欲しいと呼ばれる。体験が深いので、規定の5分を超えてしまう班もある。

放課後は、分掌のメンバーで、会場の設定計画や生徒への配布資料、来賓への資料の確認を行った。来賓は、受け入れていただいた事業所から5名と、専門学校の先生、保護者。報告する生徒にも張りがでる。

ほとんどの班がパワーポイントで発表するが、ヨコシネDIAに行ったグループはDVDを作成して、それを使うという。

素材の統合作業 ナレーションの録音作業

一人はナレーションを録音し、一人は写真と録音データをAfterEffectsで統合していく。最終下校時間まで付き合ったがあと一息で次時間切れ。明日の午前中には、完成するはずだ。

|

« コミュニケーション:思い。届け! | トップページ | 産業社会と人間:総合学科で学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/36959692

この記事へのトラックバック一覧です: インターンシップ報告会:前日の準備:

« コミュニケーション:思い。届け! | トップページ | 産業社会と人間:総合学科で学ぶ »