« 産業社会と人間:社会人講話報告会 | トップページ | スクイークでプログラミング(1) »

2010年6月 2日 (水)

インターンシップ説明会

昼休みと放課後に分けて、夏のインターンシップの説明会を開く

単位制の学校で、1年次生は基本的に6時間授業だが、2・3年次生は朝や午後の空き時間が多い生徒がいる。そこで、昼休みは2・3年次生、放課後は1年次生を基本に、2回に分けての説明会になる。

インターンシップは総合学科推進グループという分掌が担当している。以前は私が主担当であったが、年々、若手教員に継承しながら運営している。説明用スライドや配布資料の型もできあがっているし、一連の作業も具体的な仕事である。新採用2年目の教員が周囲のサポートを受けながら説明会を無事行うことができた。

説明会の様子 配布資料

受入先の資料2枚と希望票を配布した。今年は、神奈川経済同友会より紹介された企業が多く、27社で60名を超える枠がある。事業所見学で協力してくださっていた企業が、インターンシップ受入にも協力しださる傾向がある。

説明会に参加した人数(40数名)に比べて余裕がある。
一週間後に希望票を提出し、重複している希望を調整していく。

|

« 産業社会と人間:社会人講話報告会 | トップページ | スクイークでプログラミング(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/35021780

この記事へのトラックバック一覧です: インターンシップ説明会:

« 産業社会と人間:社会人講話報告会 | トップページ | スクイークでプログラミング(1) »