« 各教科の評価の観点及びその趣旨 | トップページ | DTP入門:体育祭新聞の相互評価 »

2010年6月30日 (水)

情報と産人の連携:報告会のためのプレゼン準備

来週行う事業所見学の後の報告会のため、プレゼンの指導をした

横浜清陵総合高校の「産業社会と人間」では、年に3回、外部に出る機会がある。
第1回は4月の宿泊研修、第2回は7月の事業所見学、第3回は12月の福祉施設訪問・交流体験。来週火曜日は、25ヶ所の事業所に分かれての見学。9月になると、産人の授業でグループ発表、その後、情報の授業では個人発表を行う。事業所見学を基にした報告だが、産人では体験や事業所の紹介を中心、情報では個人の感想や思いを中心としている。

私は3クラスある情報Bを全て担当している。1時間しか割けないが、5月に実施した社会人講話の体験を、スライドにまとめて、隣の生徒とミニプレゼンを行った。

隣とのミニプレゼン

スライドは5枚。それぞれの講話に合わせて、一緒に作り上げる。
 ・タイトルと自己紹介
 ・講師の紹介(写真からトリミング)
 ・クラス報告で使ったポスター(校内Webにある画像)
 ・伝えたいこと(キーワードを箇条書き)
 ・謝辞

初めてPowerPointを操作する生徒もいるのでこれで十分。アニメーションもつけない。最後の5分を使って、隣の生徒にミニプレゼン。今年は、プレッシャーにならないように、座ったまま、画面を見ながらで実施してみた。

狙い通り、以外と話すことができる、と実感した生徒が多いようだ。

|

« 各教科の評価の観点及びその趣旨 | トップページ | DTP入門:体育祭新聞の相互評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/35603939

この記事へのトラックバック一覧です: 情報と産人の連携:報告会のためのプレゼン準備:

« 各教科の評価の観点及びその趣旨 | トップページ | DTP入門:体育祭新聞の相互評価 »