« 日本情報科教育学会:第3回全国大会2日目 | トップページ | 各教科の評価の観点及びその趣旨 »

2010年6月28日 (月)

DTP 入門:Publisherで体育祭新聞を作成(3)

先週から宿題となっていた作品を印刷し、プレゼンと相互評価を行った

この科目は、3年次のみが選択する月曜日2時間のクラス、1・2年次が選択する木曜日2時間のクラスがある。3年次のみのクラスは比較的人数が少ないうえ、生徒に行動力があるので、余裕をもって授業を進行している。

セミ光沢紙に印刷して返却し、1分間のプレゼンで作品の紹介とPRをすることを伝えた。ラフスケッチからしっかり構想を練っているので、いきなりの指示にもすぐに準備をして応えてくれる。

初めての新聞のプレゼン 初めての新聞のプレゼン

つい作品の方を向いてしまうが、しっかりと作品の説明をすることができた。ビデオ撮影に物おじしないところが3年次生らしい。この授業では、作品を作るたびに解説させるので、説明も上手くなっていくし、次の作品制作への意欲も高まる。

後半は、オートシェイプの扱いから、ベクトル描画のさわりまでを解説。次回、ベジエ曲線でのイラストに挑戦する。

8月20日・21日に石川県で実施される第3回全国高等学校情報教育研究会では、このようなクリエイト系の科目の「実技試験」と「プレゼン試験」について発表させていただく。

|

« 日本情報科教育学会:第3回全国大会2日目 | トップページ | 各教科の評価の観点及びその趣旨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/35555920

この記事へのトラックバック一覧です: DTP 入門:Publisherで体育祭新聞を作成(3):

« 日本情報科教育学会:第3回全国大会2日目 | トップページ | 各教科の評価の観点及びその趣旨 »