« 情報科教員を目指す大学生のインターンシップ | トップページ | 情報A/B:産人と連携して職業調べ »

2010年5月10日 (月)

プ会22に参加

18:30より早稲田大学24号館にて、プログラミング・情報教育研究会に参加

1時間ずつ、2本の発表。高校教員は、東京・千葉・神奈川から各3名ずつ、大学教員や一般を含めて23人位が参加した。

プ会の様子

前半: IT・エレクトロニクス業界団体におけるIT人材育成活動
  ~アルゴリズム体験ゲーム「アルゴロジック」などなど~
  講師は(社)電子情報技術産業協会の大山裕氏

後半:日本の小学校の情報教育
   目白大学の原克彦教授

前半では、IT人材育成の取り組みやアルゴロジック作成の目的など、興味深いお話をいただいた。

アルゴロジックは現在の公開では、5月4日のエントリの問題数だが、初級・中級・上級ともすでに追加問題を用意してあり、アクセスの様子を見ながら少しずつ公開していくという。

また、上級問題の「四隅の回廊」は、11ステップで◎がつくが、最少ステップ数は9だと発表された。私は5月4日にクリアしているが、懇親会の後、眠い帰途でも気になって仕方ない。

帰ってキャプチャ画像で調べてみると10ステップだった。
早速リトライして、9ステップでクリア。

四隅の回廊の一部

|

« 情報科教員を目指す大学生のインターンシップ | トップページ | 情報A/B:産人と連携して職業調べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/34635124

この記事へのトラックバック一覧です: プ会22に参加:

« 情報科教員を目指す大学生のインターンシップ | トップページ | 情報A/B:産人と連携して職業調べ »