« 美術I:絵本の完成 | トップページ | 産業社会と人間:記録集の原稿「担当者より」 »

2010年3月 1日 (月)

コミュ二ケーション:インタビュー実習年次発表会('09)

クラス内発表会からの代表12名による年次発表会

1クラスあたり2名の教員が担当しており、例年どおりクラス内発表は半分に分けて2会場で行った。昨年までは、各クラスから1名の選出のため、違う会場の代表者からいずれかしか年次発表会に出れなかった。今回は、会場ごとの選出者を出そうということで、6クラス×2名で12名の代表が選ばれてきた。この中で男子は3名。

一人3分で、何も持たず、喋りだけでインタビュー実習の報告を行なう。2年次生全員が半円になって囲んで聞く。どの報告でも、自分の将来に関連する職業の方の生き方など、伝えようという意欲が感じられる。
今年は飛びぬけたインタビュー先は無かったが、どの発表からも、自分の将来を考えていることが分かる。

ビデオ撮影 発表の様子

いつも私がビデオ撮影をしているが、活動の普及を意識して他の先生に撮影を任せる。今回は、じっくりと実習報告を聞くことができた。

聞き手と順番を待つ発表者 終了後の記念撮影

発表者は会場の横に一列に座って、自分の発表を待つ。喋りをイメージトレーニングしていたり、呼吸を整える様子が見え、この緊張感が会場にも伝わってくる。

全員の発表が終わり、評価シートを回収して解散。ただし、発表者は記念集合写真を撮る。来週中にビデオと写真をDVDに編集し、発表者に贈呈する。また、「コミュ二ケーション記録集」の巻頭カラーページにすべく、校内新聞を作成する。試験作問や会議資料作成など日程上厳しいが。。。

生徒の投票によって、3月24日の特色科目発表会にて発表する2名が選ばれる。

|

« 美術I:絵本の完成 | トップページ | 産業社会と人間:記録集の原稿「担当者より」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/33591522

この記事へのトラックバック一覧です: コミュ二ケーション:インタビュー実習年次発表会('09):

« 美術I:絵本の完成 | トップページ | 産業社会と人間:記録集の原稿「担当者より」 »