« 大阪国際女子マラソン:隣の席のH先生が参加 | トップページ | 視点:プレ探求発表の準備 »

2010年2月 2日 (火)

産業社会と人間:産人を振り返る(3)

総合学科の原則必履修科目「産業社会と人間」。発表会のリハーサルを行った。

再来週16日に「産業社会と人間」の学習成果を発表する。校内で3会場に別れ、35班が発表。そして、7班が壁新聞での発表となる。準備として3回の授業をあて、本日が最終回でリハーサルを行った。前期入試があったため、完全下校の日が多く、思ったほど練習時間が取れなかった様子。教員側では予想したとおりで、このリハーサルの反省から本番までの頑張りを期待する。

リハーサル後アドバイスを受ける リハーサル後アドバイスを受ける

各クラスの担任・副担任の前でリハーサルし、アドバイスを受ける。発表なので、単なる報告にならないように指導する。人形劇の2班は多目的ルームで実演の練習。

人形劇のリハーサル 人形劇のリハーサル

壁新聞を作る班は完成間近。空いた3年次の教室を使わせていただいたので、清掃して終了する。

壁新聞の作成 壁新聞の作成

「マズイ」と感じた班が多いだろう。ギリギリになると力が入るのは、今日50歳になった私も同じだ。

|

« 大阪国際女子マラソン:隣の席のH先生が参加 | トップページ | 視点:プレ探求発表の準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/33225197

この記事へのトラックバック一覧です: 産業社会と人間:産人を振り返る(3):

« 大阪国際女子マラソン:隣の席のH先生が参加 | トップページ | 視点:プレ探求発表の準備 »