« DTP活用:試験作品の講評と次の課題 | トップページ | 卒業生がPV制作の打合せに来校 »

2010年1月28日 (木)

DTP入門:校内発表会ポスターの相互評価

提出された作品を相互評価してから改善し、完成品を提出させた

1年次生は科目「産業社会と人間」、2年次生は科目「コミュ二ケーション」の発表会のポスターを作ることが課題だった。たった1回の前回の授業を経て提出された作品を印刷して返却した。まずは、中央モニターの表示した自分の作品で工夫した点やPRを発表させる。次に、作品を隣に回し、指定の観点で評価する。全員分が一回りする間繰り返す。かなり目が肥えたところで、私からも共通する改善点を説明した。10分ほどだが、改善して再提出させた。

17作品を相互評価する 自分の作品を改善して提出する

来週には、この17作品全てを校内に掲示する。発表する生徒のモチベーションを高め、科目を担当していない教員にも生徒の活動を認識してもらう。普通科高校とは違った、総合学科らしいキャリア教育の雰囲気を演出することが狙いだ。

後半1時間は、最後の課題「三つ折ポートフォリオ」の制作に入った。A4用紙を三つ折させ、それぞれの面に今までの作品を配置するイメージを掴ませる。まずは、4月から作った作品の画面キャプチャをして画像として保存させた。来週までに、巷の三つ折チラシを集めさせて、自分のポートフォリオのラフスケッチを描いてくることを宿題とした。
2時間授業2回分で作成し、例年どおり、期末テストではプレゼン試験を行なう。

|

« DTP活用:試験作品の講評と次の課題 | トップページ | 卒業生がPV制作の打合せに来校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/33162786

この記事へのトラックバック一覧です: DTP入門:校内発表会ポスターの相互評価:

« DTP活用:試験作品の講評と次の課題 | トップページ | 卒業生がPV制作の打合せに来校 »