« 産業社会と人間:福祉施設訪問欠席者対象の補講 | トップページ | DTP入門:ベジェ曲線でグリーティングカードを作成 »

2009年12月10日 (木)

神奈川県立高等学校安全振興会作文コンクール入賞

もっと明鏡大賞に続き、標記作文コンクールの優秀賞と佳作に入賞

財団法人神奈川県立高等学校安全振興会が主催する、平成21年度作文コンクールの入賞者の発表があった。
結果は、最優秀賞2名は逃したが、優秀賞6名中に、1年次の千葉万土華さんの「障害者に安心を」が選ばれた。
さらに、佳作41点中に1年次榮彩美さんの「節水=健康」、3年次佐藤奈希さんの「社会福祉を学んで」が選ばれた。

横浜清陵総合高校では、1年次から履修できる総合選択科目に「社会福祉基礎」があり、「産業社会と人間」の単元で、福祉施設訪問・交流体験もある。多感な高校生が体験型学習によって得たものは、作文にしても説得力になって表れる。

Webで調べると審査委員副委員長は、前任校で大変お世話になった畠山利子先生。情報の免許講習会に押し込んでいただき、今の学校に送り出していただいた校長(元)である。情報科としての今の自分があるのは、と考えると筆頭に上げる方だ。懐かしい。

|

« 産業社会と人間:福祉施設訪問欠席者対象の補講 | トップページ | DTP入門:ベジェ曲線でグリーティングカードを作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/32562378

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県立高等学校安全振興会作文コンクール入賞:

« 産業社会と人間:福祉施設訪問欠席者対象の補講 | トップページ | DTP入門:ベジェ曲線でグリーティングカードを作成 »