« 課題研究「探求」:18日の年次発表会に向けて | トップページ | 産業社会と人間:福祉施設訪問・交流体験の振り返り »

2009年12月14日 (月)

校内研修会:言語活動の充実に向けた授業づくり

放課後2時間の研修会。講師は横浜国大の髙木展郎教授

県の平成21年度高校教育フロンティア協働事業高大連携プログラムを利用して実現した、新しい学習指導要領に向けての研修会。高校教育課の方や他校からの参加者も数名いらした。私は例によってビデオ撮影係。

091214gengo01

2時間休みなしの研修だが、内容が総合学科(本校)の取り組みと一致する動きなので楽しく伺うことができた。
思考力・判断力・表現力等の育成と、PISA型読解力として「受信する→考える→発信する」の話が印象に残った。

マイクなしでの講義 学習指導要領と講義の資料

髙木教授は講義の1時間前に到着され、本校の特色の説明を受けられていた。本校の取り組みが「言語活動の充実に向けた授業づくり」に積極的であることを、「コミュ二ケーション」や「探求(課題研究)」を例に取り上げて説明された。

コミュ二ケーションの報告集 横浜清陵総合高校の特色科目を説明するチラシ

お渡しした資料を取り上げて取り組みを肯定し、「チーム清陵」にエールを送ってくださった。

総合教育センターの教科別研修会にてお話を伺ったという教員もいたが、その時と内容は同じでも、話の勢いが全く違ったという。
さもありなん。本校では、「産業社会と人間」の社会人講話・事業所見学の報告会から始まって、2年次の「コミュ二ケーション」の日本語トレーニング・インタビュー実習・報告会、「視点」のプレ探求、3年次の「探求(課題研究)」と、言語活動の充実に大きく関わるカリキュラムが組まれている。伝えることがやっていることという訳で、この教員集団の前で話すことは特別なことだと考えられる。

個人的感想だが、髙木教授には3月の「特色科目発表会」にぜひご列席いただき、実践を検証していただきたい。

|

« 課題研究「探求」:18日の年次発表会に向けて | トップページ | 産業社会と人間:福祉施設訪問・交流体験の振り返り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/32612342

この記事へのトラックバック一覧です: 校内研修会:言語活動の充実に向けた授業づくり:

« 課題研究「探求」:18日の年次発表会に向けて | トップページ | 産業社会と人間:福祉施設訪問・交流体験の振り返り »