« 大健闘! エコノミクス甲子園神奈川大会 | トップページ | 課題研究「探求」:発表者にDVDを配布 »

2009年12月23日 (水)

ビデオ編集(2)

20日に続いて、丸一日、3年次の課題研究発表会のビデオを編集

12人の代表による4時間分の発表。これを一度は編集して書き出したが、発表者本人が見るだけでなく、記録として残すためには納得がいかない。スクリーンに映ったスライドの内容が読み取れなかったり、原色の再現ができない場合がある。そこで、スクリーンの部分にパワーポイントのスライドをJPEG保存して得た画像をオーバーラップさせて編集し直した。ビフォー・アフターは以下のとおり。

図が不鮮明な場合 スライド画像の表示でカバー

この地図は生徒が紙に描き、スキャナーで取り込んだもの。紙のしわによる陰影を明るさ・コントラストの調整で飛ばすことを手伝った。スクリーン上では十分に見えるのだが、撮影すると全く映っていない。そこで、スライドの画像をサイズ調整してタイムラインに配置した。次の例では、文字が読めない状態なので、スクリーンの位置にスライド画像を配置した。

文字が読めない場合 スライド画像の表示でカバー

撮影のフレームが同じでも、スライドの明度が低く、文字の明度が明るい場合は鮮明に撮影される。白地の場合にこのような修正が必要になる。

■スクリーンをフレーム一杯に映すと、確かに文字も鮮明に映る。しかし、発表者の顔を映さないのでは意味がないと考えている。あくまでもスライドは従であり、必要以上に大きく映し出すことには抵抗がある。むしろ、サブスクリーンで発表者の顔を大きく映し出して臨場感をアップさせている。

司会の拡大表示

上は、サイドスクリーンに発表会開始時に司会を映し出している。右上はプログラム表示用、左の大きなスクリーンは発表スライド用になる。
後ろの席からも良く見える。映される側も適度な緊張感が。

発表時の様子 サブスクリーン用カメラとプロジェクタ

左は発表時の3つのスクリーンの様子。右は、サブスクリーン用のカメラを生徒が操作している様子、すぐそばのプロジェクターから投影する。手持ちの資料などがあれば、それを拡大表示するなど、臨機応変の大役になる。

PremireElementsで再編集が終わり、レンダリングを開始したのが18時40分。明日の朝ダビングして発表者や関係者にDVDを配布する。エラーが心配なので、ワークフォルダを他のPCに複製し、2台でのレンダリングを行なう。

|

« 大健闘! エコノミクス甲子園神奈川大会 | トップページ | 課題研究「探求」:発表者にDVDを配布 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/32726572

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ編集(2):

« 大健闘! エコノミクス甲子園神奈川大会 | トップページ | 課題研究「探求」:発表者にDVDを配布 »