« DTP活用:文化祭の新聞を作成中 | トップページ | 神奈川県立高等学校安全振興会作文コンクール入賞 »

2009年12月 9日 (水)

産業社会と人間:福祉施設訪問欠席者対象の補講

12月1日の福祉使節訪問を欠席した15人対象の補講を実施

面談期間中で午前授業のため、放課後1時間30分の補講を設定。インフルエンザや風邪のために欠席した生徒15名が全員集まった。施設訪問をした仲間から交流体験の価値を聞いていたのか、真剣に話を聞いていた。

講師は、私の母親で、最初に見せるビデオ「認知症を正しく知ろう!」に認知症老人の役で出演している。認知症サポートの啓発活動となればと買って出てくれた。

講義の様子

30分のビデオの後、連続して講義が40分。慣れない板書だが、実体験に基づいて体系的にまとめた内容に、生徒も熱心に聴いていた。

講義の様子 聞く姿勢

残り20分を使って、母が手書きで書いた樋口了一の手紙~親愛なる子供たちへ~の詩を輪読し、感想を書く時間を取った。

手紙を輪読中 感想を記述

ビデオと講義で認知症を理解した上でこの手紙を読むので、誰もが感動を覚えた様子。
福祉施設訪問には行けなかったが、得たことを忘れないでもらいたい。

|

« DTP活用:文化祭の新聞を作成中 | トップページ | 神奈川県立高等学校安全振興会作文コンクール入賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/32563349

この記事へのトラックバック一覧です: 産業社会と人間:福祉施設訪問欠席者対象の補講:

« DTP活用:文化祭の新聞を作成中 | トップページ | 神奈川県立高等学校安全振興会作文コンクール入賞 »