« 情報B:Squeakで中間試験(2) | トップページ | 第6回総合学科校外連携部会 »

2009年12月 6日 (日)

『もっと明鏡』大賞:最優秀作品賞・最優秀学校賞受賞

第4回「もっと明鏡」みんなで作ろう国語辞典! の結果が発表された

『明鏡国語辞典』を出版している大修館書店が実施したもの。全国528校から合計で7万5,940寄せられた「国語辞典に載せたい言葉」から選考の結果が発表された。本校からも応募しており、最優秀作品および最優秀学校賞を受賞した。

最優秀作品10作に、横浜清陵総合高校3年次生の作品が選ばれた。

もぎもぎ 緊張や不安でドキドキしているときに、体をもじもじ動かしてしまうさま。◆ドキドキともじもじが一緒になった状態。(神奈川県・県立横浜清陵総合高等学校3年・小川菜摘)
最優秀学校賞も初受賞。全国11校に選ばれた。その他の賞では「鮭る」が選ばれていたが、調べてみると3年次女子から2名が同じコピーで応募していた。どちらが選らばれたか、職員室でも話題になった。

佳作は2,065作品中に10作品が選ばれた。内訳は3年次生7人、2年次生2人、1年次生1人。

多様な科目が多いので、授業ごとにこのような企画にチャレンジする機会も多い。以前、全国プレゼンテーションコンテストが実施されていた時、情報の授業から連続して複数名が入賞していたこともある。
私の隣の席の社会科A先生は、第4回全国高校生経済金融クイズ選手権「エコノミクス甲子園」に生徒を送り込んだ様子。予選の神奈川大会は横浜銀行が主催して今月20日に横浜銀行本店にて実施される。生徒も指導する教員も金融経済の知識・理解を深めるいい機会になるだろう。

|

« 情報B:Squeakで中間試験(2) | トップページ | 第6回総合学科校外連携部会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/32516508

この記事へのトラックバック一覧です: 『もっと明鏡』大賞:最優秀作品賞・最優秀学校賞受賞:

« 情報B:Squeakで中間試験(2) | トップページ | 第6回総合学科校外連携部会 »