« 探求:発表会のポスターを掲示 | トップページ | 情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(7) »

2009年11月15日 (日)

産業社会と人間:福祉施設の訪問先を調整

12月1日に実施する福祉施設訪問の訪問先を調整した

「産業社会と人間」では、今週から「社会を知る」という単元に入り、福祉を学び、施設訪問での交流体験によって、理解を深める。
今年は、インフルエンザのために受け入れ先の確保に苦労した。先週木曜・金曜の放課後、1年次の教員団が生徒の訪問先を調整してきた。分野の希望と、交通条件、メンバーの組み合わせなど、様々な条件を考えながら、239人を50施設に配置した。内訳は、

 A:ライトセンター 30人
 B:養護学校(特別支援学校) 5施設 48人
 C:地域作業所 14施設 46人
 D:高齢者施設(ケアプラザなど) 30施設 115人

本日午後、年次主任と共に詰めを行なった。また、担任・副担任がどの施設を分担すると巡回指導が上手く行くか、これもまた大変な調整作業を行なった。

明日の朝、各担任に最終チェックをお願いし、昼のSHRにて生徒に告知する。

明後日の産人の授業では、全体の事前指導、そして、分野別の事前指導を行なう。明日放課後の年次会は、産人関係で盛りだくさんだ。

|

« 探求:発表会のポスターを掲示 | トップページ | 情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/32227772

この記事へのトラックバック一覧です: 産業社会と人間:福祉施設の訪問先を調整:

« 探求:発表会のポスターを掲示 | トップページ | 情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(7) »