« 情報A/B:事業所見学のプレゼンの最中 | トップページ | 親睦:第4回ボウリング大会 »

2009年10月20日 (火)

産業社会と人間:仲間の学びを共有する

「産業社会と人間」の時間、様々な学びのチャレンジの報告を行なった

「総合学科で学ぶ」という単元。先週は卒業生から話をもらった。今回は、様々な学びに取り組んでいる同じ1年次生の体験を聞く。高校生としての学び(部活動・委員会)、総合学科の特徴を活かした学び(インターンシップ・ボランティア・校外講座・短期集中講座)から、13グループの報告があった。

会場全体

1年次生も、そろそろパワーポイントに頼ったプレゼンを卒業させたい。
サブスクリーンを利用して、報告者の表情や実演の拡大表示を行なうという振れ込みで、積極的に実演の導入を促してきた。

プロジェクター2台の設定 実演と拡大表示

プロジェクターを2つ用意して、サブスクリーン用にはビデオカメラとPCを接続する。報告の合間にはプログラム、報告中は発表者のアップと実演を表示する。司会運営は生徒が行なうが、この機材の操作は、まだ教員が行なう。

呼吸蘇生法の実演 サブスクリーンの投影

床の上で行なう呼吸蘇生法の実演も、サブスクリーンで見ることができる。

ライントレーサーの実演 ライントレーサーとコース

夏休み中に工業高校で、ライントレーサーの制作とプログラムを行なった生徒から、講座内容の報告と、ライントレーサーの実演が示された。最後の直角コーナーを回りきると、会場は拍手喝采。

野球部からの報告 夏の大会の応援のビデオ

野球部からは、部活動を通して信頼関係を学んだという報告。そして、夏の大会3回戦の応援の様子をビデオで上映し、ぜひ応援に来て下さいとアピール。

仲間の報告を聞く 学びのポイントをメモする

聞くときは聞き、報告者の入れ替えの間にメモを取る。

|

« 情報A/B:事業所見学のプレゼンの最中 | トップページ | 親睦:第4回ボウリング大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/31939355

この記事へのトラックバック一覧です: 産業社会と人間:仲間の学びを共有する:

« 情報A/B:事業所見学のプレゼンの最中 | トップページ | 親睦:第4回ボウリング大会 »