« 産業社会と人間:前期の振り返り | トップページ | 視点:後期オリエンテーション »

2009年9月29日 (火)

インターンシップ報告会09

今年で第6回のインターンシップ報告会を実施

放課後、多目的ルームを2分割して、10事業所ずつのグループが互いにインターンシップの報告と質疑応答を行なう。昨年と形体は同じだが、受け入れ先の事業所からの来賓が増えた。私は、パーティションで区切った一方の部屋の担当として、ビデオ撮影を行なった。

教員からも質問が 報告の様子

事業所によって1人から4人まで受入れ人数の違いがある。グループごとに報告のスライドデータを作成して今日の発表に至るが、クラスも年次も違う編成なので、打合せやリハーサルにも工夫を重ねてきた。4日程度の体験を4分間に凝縮して発表することも大変なことだ。

司会やタイムキーパーを含めて生徒が自主的に会を運営する。さらに、生徒や教員からの質問に、発表者が的確に回答することで会全体が盛り上がる。来賓の方々からは「本当に高校生なのか」「素晴らしい発表会に参加させていただいてありがとう」「感動をもらいました」とお褒めのお言葉をいただく。

最後は校長から、講評をいただく。生徒の発表の中からきらめいたキーワードを読み上げ、感動されたことを伝えた。これだけの発表をもっと多くの方にも見てもらいたいとの賛辞も。

校長からの講評

1年次生のみグループによる発表から2つ。来週の産業社会と人間の授業で発表をしてもらい、体験を全員で共有する予定。

|

« 産業社会と人間:前期の振り返り | トップページ | 視点:後期オリエンテーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/31575546

この記事へのトラックバック一覧です: インターンシップ報告会09:

« 産業社会と人間:前期の振り返り | トップページ | 視点:後期オリエンテーション »