« 高等学校学習指導要領解説:「保健体育」が追加 | トップページ | 短期集中講座:「ロボット入門」3日目 »

2009年8月 4日 (火)

総合学科夏季公開講座:「救急法・介助法講座」4日目

標記の講座の4日目

午前中はまとめの講義の後、総合実習を行なった。
インターンシップ生と共に、総合実習第1ラウンドの様子を見学させていただいた。

総合実習では、今までに習った知識と技術を活かして適切な救急対応を行なう。別室に骨折したけが人役(生徒)と意識不明者(人形)を用意する。けが人発生の情報を聞いた先発隊が現場にかけつけて、待機している仲間とともに用具を揃え、それぞれに適切な対応を行なう。けが人と意識不明者を同時に対応することが、チームワークを育てる鍵になっている。

けが人の応急処置 他の班の応急処置

2班が同時に行なうので、それぞれの行動の違いから効率を比較することができる。

担架に乗せる作業 同時にAEDを扱うメンバー

2つの班の救助活動が終わると、指導者より講評がある。時間的なロスと、AEDの扱い方、包帯の巻き方など、実践同様に厳しく指摘する。

指導員からの講評

見学はここで終了。第2ラウンドはもっと手際よくできたであろう。

午後は、救急法救急員の検定試験。筆記と実技があり、合格すると3年間有効の証書がもらえる。

|

« 高等学校学習指導要領解説:「保健体育」が追加 | トップページ | 短期集中講座:「ロボット入門」3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30834810

この記事へのトラックバック一覧です: 総合学科夏季公開講座:「救急法・介助法講座」4日目:

« 高等学校学習指導要領解説:「保健体育」が追加 | トップページ | 短期集中講座:「ロボット入門」3日目 »