« 情報B:Squeakで学ぶプログラミング | トップページ | 第2回全国大会:会場準備 »

2009年8月22日 (土)

DTPの作品をラミネート加工

明後日の全国高等学校情報教育研究大会でのポスターセッションの資料作り

「校内ポスター作成における情報デザインの指導」というテーマで、具体的な作品例をもとに、セオリーと指導法について紹介する。木製のパネルで、マグネットが使えないため、作品をラミネート加工して、テープか画鋲で固定する予定。

先週まで行なっていた「DTP基礎」の作品も利用する。カラーレーザープリンタで印刷するが、OA紙でなく、比較的安価なセミ光沢紙を利用するだけでも画質が向上する。さらに、ラミネート加工することで、発色が格段によくなる。

ラミネート加工中 ラミネート加工後

校内に掲示するポスターとしては、見栄えも耐久性もこれで十分だ。

|

« 情報B:Squeakで学ぶプログラミング | トップページ | 第2回全国大会:会場準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/31062450

この記事へのトラックバック一覧です: DTPの作品をラミネート加工:

« 情報B:Squeakで学ぶプログラミング | トップページ | 第2回全国大会:会場準備 »