« 日本電子専門学校の教員対象講習会に参加 | トップページ | 新学習指導要領「情報」第3回調査研究協力員会 »

2009年8月19日 (水)

情報B:Squeakで学ぶプログラミング

Squeakでモンテカルロ法を使った教材を考えている

前期では、図形描画とライントレースを題材にして、「順次」「条件分岐」を中心に指導した。後期は、「繰り返し」にも踏み込んで、モデル化とシミュレーションの内容を計画している。

放物線を描くということだけでも、一種のシミュレーション。その次に、モンテカルロ法による求積と数値計算(円周率)を行なう予定。今日は、放物線とx軸に挟まれる面積を、乱数で発生させた点の個数配分によって算出させるプログラムを考えた。

モンテカルロ法による求積

積分で求めた1/3とほぼ近い値が得られた。
1年次の授業では、1次関数で確からしい面積が得られることを確認し、2次関数で面積を求めることにチャレンジすれば良いか。

Squeak eToyでは、SmallTalkでの記述モードに入らないと、高度な関数は扱えないのが難点。

|

« 日本電子専門学校の教員対象講習会に参加 | トップページ | 新学習指導要領「情報」第3回調査研究協力員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/31026913

この記事へのトラックバック一覧です: 情報B:Squeakで学ぶプログラミング:

« 日本電子専門学校の教員対象講習会に参加 | トップページ | 新学習指導要領「情報」第3回調査研究協力員会 »