« 学校説明会:今年度第2回・第3回目 | トップページ | 情報部会:第1回研究会発表者の打合せ »

2009年7月19日 (日)

産業社会と人間:福祉施設訪問の準備

「産業社会と人間」で12月に行なう福祉施設訪問の準備を始める

前期で行なう、宿泊研修、社会人講話、事業所見学、履修計画の単元については、今までも情報科教員として深く関わってきたので、主担当としての役はこなせてきた。私にとって、後期の中盤に行なわれる「福祉施設訪問」は、当日引率での関わりはあったが、企画運営の部分は経験がない。これからが「産人」を運営する正念場、熱い夏になる。

12月の「福祉施設訪問」では養護学校や通所訓練施設、介護福祉施設などで1日の体験実習をする。そのために受入れ施設とのアポイントメントと打合せの訪問が必要となる。効果的な事前学習を行なうための講師依頼も必要。産業社会と人間を担当する教員で来週打合せを持ち、夏休み中に年次教員全員でコンタクトを取る手順をまとめていく。

主担当として、その段取りを計画中。昨日から過去4年分の実績の分析をしていたが、資料だけでは読みきれない部分が多い。ちょうど、昨年度の産人担当者が部活指導で勤務していたので、生徒の動向や受け入れ先の感触など、通常勤務期間では落ち着いてできない情報交換ができた。過去の受け入れ先からのコメントのファックスを引き継いで、受入れ先の個別の事情、どの教員がどの部分に詳しいか、どのような事前準備が必要かなど、貴重なレクチャーを受ける。

本校では「産業社会と人間」の企画運営を年次が担当しているので、この引継ぎ作業が命綱だ。分掌が企画運営をする学校もある。どちらもメリット・デメリットはあるだろうが、本校では全ての資料が共有できる情報ネットワーク基盤がこれを支えている。

|

« 学校説明会:今年度第2回・第3回目 | トップページ | 情報部会:第1回研究会発表者の打合せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30620446

この記事へのトラックバック一覧です: 産業社会と人間:福祉施設訪問の準備:

« 学校説明会:今年度第2回・第3回目 | トップページ | 情報部会:第1回研究会発表者の打合せ »