« 皆既日食 | トップページ | 新教育課程中央説明会資料の読み込み »

2009年7月22日 (水)

奇想の王国「だまし絵展」

今日は渋谷で下車。文化村ミュージアムのだまし絵展

新聞では連休の混雑が記事になっていた。8月16日までだが、今日を逃すと見損ねそうだ。

色彩検定や「図形と画像の処理」、「コンピュータデザイン」の教材研究では、エッシャーに代表される錯視やだまし絵を勉強してきた。展覧会のサイトでは、異なったタイプの作品が多いことを調べてあったが、一番おどろいた作品はサイトにも紹介されていなかった。イギリスのパトリック・ヒューズの立体作品は、仕掛けは単純だが、自分の目を疑いたくなる効果がある。図録を買ってきたが、写真で平面になっては価値が無い。この作品は「百聞は一見にしかず」に値する。

2日間続けて、都内でたっぷり研修してきました。

|

« 皆既日食 | トップページ | 新教育課程中央説明会資料の読み込み »

コメント

行きましたね。
ヒューズの作品ですが、私ははじめ、何が起こっているのか全く理解できませんでした。自分の視覚が、作者によって見事に手玉に取られてしまったのですね。横に動いてみても驚くばかりで理解不能、ほとんど真横から見るようにして、やっとわかりました。
帰りには、エッシャーの絵をモチーフにしたタイルのコースターを買ってきました。

投稿: aromatic Kam | 2009年7月23日 (木) 06時07分

aromaticKamさん
コメントありがとうございます。
さすが上手い表現ですね。自分も正にそのとおりでした。
「視覚」から得られる情報が多い時代ですから、メディアリテラシー教育に使える知識として、見ておいてよかったと思います。

投稿: VX | 2009年7月23日 (木) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30657323

この記事へのトラックバック一覧です: 奇想の王国「だまし絵展」:

« 皆既日食 | トップページ | 新教育課程中央説明会資料の読み込み »