« 情報の授業でプレゼンの練習 | トップページ | 情報部会:第3回総務会 »

2009年7月 7日 (火)

産業社会と人間:事業所見学

いよいよ事業所見学当日。私は、ヨコシネDIAに引率した。

13名の生徒と9:20に渋谷駅ハチ公前に集合。自宅付近の交通事情で若干遅れた生徒がいたが、連絡が取れ、10時の開始には間に合った。

一度打合せに行っているので、見学の概要は理解していたが、予想以上の体験実習をさせていただいた。各部署の担当者が高価な機材で「本物」の体験実習を用意してくださり、生徒に将来の「夢」を持たせてくれたプログラムだった。

午前中はヨコシネDIAフィルムセンター内で体験実習。生徒13名と私を、7名の2班に分けて行動する。

まず、校歌の朗読の収録。収録専用の無響室で生徒が交互に吹き込む。マイクの性能が良く、息継ぎまで分かる音質にびっくり。そしていくつかのBGMとミキシングしてMA(マルチオーディオ)作業の体験。特に、声優やナレーター志望の生徒4名は大感激だった。
部屋を移して、サラウンド機能を効かした音響体験。映画クリップでスゴイ臨場感を体感することができた。

吹き込んだ音声の編集 サラウンド機能の体験

次はノンリニア編集。DaVinciで色調補正の体験、Avid社のPCでタイムライン上の操作の体験。本物の装置は操作の感触が全く違う。校内の事前学習で行なったAfterEffectsの体験が役にたったようだ。
写真のように、生徒は説明中のキーワードをしおりにメモしている。

DaVinciで色調補正 編集作業

昼から、すぐそばのNHKに移動。生徒たちの将来に期待をかけて、昼食をごちそうして下さった。感謝!

NHK スタジオパーク入り口

スタジオパークの見学コースで、各自1時間の自主見学。声優志望の生徒たちは、アフレコ体験と、ニュースキャスター体験で盛り上がっていた。

ヨコシネDIAの社員の方の配慮で、その後、特別に2つのスタジオ内を見学させていただいた。ブルーバックのスタジオでは、クレーンにつるされたカメラで松平アナを撮影すると、モニターには背景と合成されて映る様子を見学。他のスタジオでは、連続テレビ小説「つばさ」のセットでの撮影を見学し、照明の調整など身近に見ることができた。「天地人」の収録が行なわれているスタジオには入ることができなかったが、廊下ではヨロイを来た役者さんたちを目の前にした。

15時の解散まで、充実した見学だった。ヨコシネDIAの皆様、ご協力ありがとうございました。
本校では、映像関係や演劇関係の授業もあるので、その関係を希望する生徒が多い。その意味でも、ぜひ来年も見学を受け入れていただきたい。

|

« 情報の授業でプレゼンの練習 | トップページ | 情報部会:第3回総務会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30467692

この記事へのトラックバック一覧です: 産業社会と人間:事業所見学:

« 情報の授業でプレゼンの練習 | トップページ | 情報部会:第3回総務会 »