« プ会19:白書・調査から情報教育を考える@横浜 | トップページ | 球技大会とクラスTシャツ »

2009年7月15日 (水)

インターンシップ:事前訪問の引率(3)

放課後。4名の生徒を大口東総合病院に引率。

総合学科として開校して依頼、本校として最もお世話になっている事業所の一つ。「産業社会と人間」では、5月の社会人講話の講師派遣、7月の事業所見学に続き、夏季休業中のインターンシップの受入れにご協力いただいている。昨年度は、9月のインターンシップ報告会にも参加いただき、生徒への暖かい応援メッセージをいただいた。前看護部長の時代から、本校の生徒を本当によく面倒みてくださっており、個人としても感謝している。

神奈川では、自己観察書という様式があり、年度初めに目標を立て、年度末に自己評価と管理職の評価をする。今年度は、「本校生徒の学習に協力をいただいている事業所と、さらに関係を深める」という趣旨の目標を立てている。

|

« プ会19:白書・調査から情報教育を考える@横浜 | トップページ | 球技大会とクラスTシャツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30603045

この記事へのトラックバック一覧です: インターンシップ:事前訪問の引率(3):

« プ会19:白書・調査から情報教育を考える@横浜 | トップページ | 球技大会とクラスTシャツ »