« 図形と画像の処理:POV-Rayによる3DCG入門 | トップページ | 学校説明会:今年度第1回目 »

2009年6月26日 (金)

新学習指導要領「情報」第1回調査研究協力員会

午後から総合教育センターに出張、標記の会合に参加。

年内に全6回の会合を行い、「社会と情報」「情報の科学」の目標や内容について調査し、どのような指導計画を立て、学習指導を行なうことが考えられるかを提示することが目標。県立高校現職の教員4名と、センターのカリキュラム支援課の指導主事などで構成する。

年間指導計画を作成してから一部の単元の指導計画を作成するという方針ではなく、現在の「情報B」「情報C」の授業実践の中から、「社会と情報」「情報の科学」に発展・落とし込める指導案を磨いていこうということに。参加する委員は、みな「情報A」以外の指導経験がある。現在「情報A」が7割を占める現場の教員が見たくなるような資料を作成することが目標なので、堅苦しいものを作っては努力が無駄になる。

私は「情報の科学」の単元『(2)問題解決とコンピュータの利用』の指導案を作成することになった。昨年度から取り組んできたSqueakを利用した、アルゴリズムとシミュレーションの展開をネタにする予定。
他の3名が「社会と情報」から単元を分担して準備する。比率として順当なところか。

実践の成果をまとめる機会として、この委員会の仕事を有効に活用したい。

18時過ぎに職場に復帰。
明日の学校説明会で担当する体験授業の準備など、課題が山積している。

|

« 図形と画像の処理:POV-Rayによる3DCG入門 | トップページ | 学校説明会:今年度第1回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30293782

この記事へのトラックバック一覧です: 新学習指導要領「情報」第1回調査研究協力員会:

« 図形と画像の処理:POV-Rayによる3DCG入門 | トップページ | 学校説明会:今年度第1回目 »