« デジハリ:「NARUTO」「銀魂」のプロデューサーが語る | トップページ | 総合学科夏季公開講座:受講者の取りまとめ »

2009年6月12日 (金)

高校情報デザイン教育研究会:高校教員の打合せ

17:30より、神奈川県民センターの会議室にて標記の会合

4名の高校教員が集まり、それぞれの実践を「高校向けの情報デザイン」にどのように位置づけるかを話し合った。また、8月24日の全国高等学校情報教育研究大会では、分科会とポスターセッションの発表を募集しているので、何らかの形で協力していきたい。

けして「アート」では迫らない。むしろ、「アート」が苦手な生徒も教員もが参加できる「万人のための情報デザイン」の確立を目指していく(というと大げさか)。普通教科が縦糸とすると、「情報」はそれらを結びつける横糸となる。「発想するためのトレーニング」「思いを伝達するためのトレーニング」から、「適切な表現方法」まで、幅広い分野をカバーすることになる。長期・中期・短期のゴールを用意して実践研究を続けていく。

会議室を用意した1時間半があっという間に過ぎた。場所を代えて懇親会というか本番の会議。

|

« デジハリ:「NARUTO」「銀魂」のプロデューサーが語る | トップページ | 総合学科夏季公開講座:受講者の取りまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30091204

この記事へのトラックバック一覧です: 高校情報デザイン教育研究会:高校教員の打合せ:

« デジハリ:「NARUTO」「銀魂」のプロデューサーが語る | トップページ | 総合学科夏季公開講座:受講者の取りまとめ »