« 情報A:社会人講話報告書の相互閲覧 | トップページ | 高校情報デザイン教育研究会:高校教員の打合せ »

2009年6月11日 (木)

デジハリ:「NARUTO」「銀魂」のプロデューサーが語る

20時より、デジハリ大学の特別講義に参加。

新しい学習指導要領では、情報の専門教科にコンテンツ制作関係が盛り込まれている。長い目で予習を兼ねて伺った。

アンケート用紙

タイトルは、『「銀魂」「NARUTO」のアニメプロデューサーが語るテレビアニメ制作の舞台裏~』。講師はテレビ東京のアニメプロデューサー東不可止(ふかし)氏。『映画「おくりびと」が出来るまで』と同様に、高橋光輝学長補佐がモデレーターを務める。

講義の様子

「アニメは民放で流す限りは芸術ではなく、裏にビジネスがある」という言葉が印象に残った。テレビアニメが減少し、テレビ東京とテレビ朝日以外は撤退の様子らしい。その中でも、テレビ東京の「NARUTO」「銀魂」は人気番組という。このあたりの事情は全く分かっていなかったので、Webで番組の予習をして参加した。

会場は若手ばかりで200人はいただろうか。アニメの街秋葉を感じさせた。

講義終了後、「銀魂」のエンディングテーマを歌うグループ「PENGIN」が生で歌う。入り口では、学長も写真を撮ったり、手拍子を打って盛り上がっていた。

PENGINが「朝ANSWER」を歌う

次にデジハリに伺うのは、6月20日の特別体験授業

|

« 情報A:社会人講話報告書の相互閲覧 | トップページ | 高校情報デザイン教育研究会:高校教員の打合せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30062930

この記事へのトラックバック一覧です: デジハリ:「NARUTO」「銀魂」のプロデューサーが語る:

« 情報A:社会人講話報告書の相互閲覧 | トップページ | 高校情報デザイン教育研究会:高校教員の打合せ »