« デジハリ:映画「おくりびと」が出来るまで | トップページ | 図形と画像の処理:前期中間試験は筆記で »

2009年6月 9日 (火)

DTP活用:前期中間試験はシルエットのトレース

試験は、イラストレータのパス操作の実技試験。

3年連続で、同じシルエットを題材にしている。ただし、今年は観覧車やベイブリッジの部分を除いた。その分、きれいなパスを描くこと、パスファインダの機能を使いこなすことを要求する。
この科目では、年間の3分の1はイラストレータ、フォトショップ、インデザインの操作を学び、残りの時間が作品作成という配分。

樹木はパスを合成する 完成見本作品

50分間の途中、2回複製を保存させる。フリーズしたときの対策でもあるが、途中の過程の技術を見るという意図がある。完成データと共に、途中のデータも提出して終了。

|

« デジハリ:映画「おくりびと」が出来るまで | トップページ | 図形と画像の処理:前期中間試験は筆記で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30030002

この記事へのトラックバック一覧です: DTP活用:前期中間試験はシルエットのトレース:

« デジハリ:映画「おくりびと」が出来るまで | トップページ | 図形と画像の処理:前期中間試験は筆記で »