« 産業社会と人間:社会人講話報告会 | トップページ | インターンシップ説明会 »

2009年6月 3日 (水)

DTP活用:地図のトレース作業

2時間ずつで5回目の授業。そろそろパスの操作が身についてきた。

今年もこの科目ではフリーのデザイナーに講師をお願いしている。私が教員機から操作指導をし、講師の先生に後ろからサポートしていただく。自由課題を作るようになると、講師のアドバイスは強力だ。

講師による指導

授業開始時に、来週の試験の予告をした。(このブログのヘッダーの)みなとみらいから校舎までのシルエットをトレースし、一つのパスでまとめること。

今日の授業を通して、パスファインダを使ったパスの合体や切り抜きを教えた。パーツごとに作っていき、合成していけば効率がよい。ダイレクト選択ツールで修正することも指導してある。ただし、スピードと正確性が要求される。

試験日までに、どのように対策をしてくるであろうか。

|

« 産業社会と人間:社会人講話報告会 | トップページ | インターンシップ説明会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTP活用:地図のトレース作業:

« 産業社会と人間:社会人講話報告会 | トップページ | インターンシップ説明会 »