« 情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(3) | トップページ | 神奈川県教員採用候補者選考試験の応募状況 »

2009年6月17日 (水)

情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(4)

Squeak eToyでプログラミングの基礎を学ぶ授業の4回目

本日でSqueakを用いた授業はひと段落。授業のペースはかなりゆっくりで、発問の機会を多く設けた。
条件分岐、計測制御の考え方を身につけ、予想外の動作(バグ)も楽しみながら体験・考察することができた。

センサーが道路外(の色)に触れているか否かで、動作を制御していく。

扱ったアルゴリズム

下2つのように、左右2つのセンサーでライントレースするスクリプトを作成させた。最終課題は、「どちらが優れているか、具体的な動作を示して説明できるようにしておく」こと。解説はしない。期末試験の題材とすることを告げておく。

秋には、変数と乱数を利用したシミュレーションを扱う。
乱数は同時にゲーム的要素を含むので、ボタンコントロールなどわずかな操作を教えると、そこそこのゲームが作れる。冬休みは自由作品を宿題にする予定。

|

« 情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(3) | トップページ | 神奈川県教員採用候補者選考試験の応募状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/30154855

この記事へのトラックバック一覧です: 情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(4):

« 情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(3) | トップページ | 神奈川県教員採用候補者選考試験の応募状況 »