« インターンシップ説明会 | トップページ | 情報科新任者研修会 »

2009年6月 4日 (木)

情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(2)

Squeak eToyでプログラミングの基礎を学ぶ授業の2回目

オブジェクトを「移動」と「回転」の命令を組み合わせて操作する。導入は、前回の校章の復習と、角度、移動量にプラスとマイナスを使えることを説明した。

第2回目は、指定された多角形や図形を描かせる問題を与える。まずは、正方形を生徒と一緒に描き、90度回転で良いことを納得する。次に、正三角形を描かせるための角度を問う。2クラスとも、60度という回答があり、皆同意した表情。実行すると正6角形が描かれるので、思い込みで描いたプログラムは誤作動が付き物であることを確認。

あらためて、120度回転を設定し、きれいな正三角形を得ることができた。以下、基本図形の課題を描画した画面。

基本図形を描画させる課題

さらに複雑な課題を与えてある。生徒は各自のペースで、楽しみながら取り組んでいる。

課題の一部


|

« インターンシップ説明会 | トップページ | 情報科新任者研修会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/29955500

この記事へのトラックバック一覧です: 情報B:Squeakで学ぶプログラミング09(2):

« インターンシップ説明会 | トップページ | 情報科新任者研修会 »