« 産業社会と人間:社会人講話の事前学習 | トップページ | ICTEセミナー:ポスターセッションの予告 »

2009年5月13日 (水)

視点:小論文講座(チャレンジノート)

2年次の総合的な学習の時間「視点」。最初の単元「小論文講座」3回目。

4月22日の講話から始まり、現在は小論文チャレンジノートVol.1を使って作文と小論文の違いを理解している。

本日のテーマは「自分の意見と根拠を書く」。ワークの題材は「若者のことばづかいについて、意見と根拠を書く」こと。まずは、「若者のことばづかいについて思いつくことを挙げさせ、黒板に列挙する。

若者のことばづかいについて

いろいろな意見が出揃ったところで、自分が「問題だ」と感じることを1つに絞り、ワークシートのステップに従って、意見と根拠をまとめた文章にしていく。

ワーク開始 ワーク終了

1年次の「産業社会と人間」、2年次の「コミュ二ケーション」・「視点」と、特色科目ではとにかく文章を書き、発表する。そのためか、キチンと書きたいという意欲を持つ生徒は多い。

科目「視点」の今の単元「小論文講座」では、3年次の「探求(課題研究)」で論文を書き上げるための基礎づくりを行なっている。

|

« 産業社会と人間:社会人講話の事前学習 | トップページ | ICTEセミナー:ポスターセッションの予告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/29600008

この記事へのトラックバック一覧です: 視点:小論文講座(チャレンジノート):

« 産業社会と人間:社会人講話の事前学習 | トップページ | ICTEセミナー:ポスターセッションの予告 »