« 歓送迎会 | トップページ | ICTEセミナー:第2回映像コミュニケーション講習会 »

2009年5月23日 (土)

一晩に二度病院へ

昨晩。歓送迎会を挟んで二つの病院へお見舞いに行った。

本校の副校長が月曜から体調不良で入院された。自分で不調に気づいたため早期対応ができたようだ。京急上大岡駅から徒歩10分ほどの病院なので、歓送迎会会場に向かう前にお見舞いに伺った。夕食中だったが、元気な様子で安心してきた。

歓送迎会は2次会に参加し、川崎駅到着が23時40分。すでにバスは無いが、気候が良いので40分かけて自宅まで歩いた。すると隣の実家で電話が鳴り続けている。飛び込んで受話器を取ると、入院中の叔父が危篤状態だという。寝込んでいて電話の音に気づかなかった両親を起こし、市民病院へ。父は7人兄弟の長男で、叔父は三男という関係。

090523hospital

生まれて1ヶ月の孫を抱える姪。近くの親族が集まって大事を見守る。かすかな意識の中で、親族の思いを感じたのか、点滴と計測機器が安定してきた。なんとか一命は取り留めたようだ。

叔母や甥、姪が交代で世話を続けている。本日は、父の兄弟で一番下の四男の娘の結婚式。
天は見守ってくれた。

【追記】5月26日朝未明。苦しまずに永眠されました。ご冥福をお祈りいたします。

|

« 歓送迎会 | トップページ | ICTEセミナー:第2回映像コミュニケーション講習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/29761211

この記事へのトラックバック一覧です: 一晩に二度病院へ:

« 歓送迎会 | トップページ | ICTEセミナー:第2回映像コミュニケーション講習会 »