« コミュニケーション(見学):話の聞き方・伝え方 | トップページ | 図形と画像の処理:見えの色の実験 »

2009年5月19日 (火)

産業社会と人間:社会人講話報告会の準備

15日の社会人講話をクラス内で報告するための準備

火曜の午後2時間が「産業社会と人間」の授業。この単元では、講話別の18名(3名×6クラス)の生徒に担当者がついて指導している。6月2日には、他の講話を聞いた仲間と体験を共有するため、クラス内で報告会を開く。本日は、その報告会の準備を行なった。

ポスター描き 本番形式のリハーサル

前半は、3名で報告内容の分担と時間配分をし、ポスターを描く。ポスターの装飾に凝ると目的からはずれてしまうので、余分な時間は与えない。後半は、5分を計時し、その場で報告のリハーサル。その後、1班だけは実際に前に出て実演させた。本番のイメージを掴むためだ。アドバイスを与えたので、当日までに各グループで報告を仕上げていく。

最近は、小学校・中学校でも新聞作りや発表を行なう機会が多い。そのため、このような指導も手間はかからない。しかし、講話で感じたことにのめりすぎて、「職業と産業を知る体験の共有」という狙いから脱線しないよう、教員が指導していく必要がある。

|

« コミュニケーション(見学):話の聞き方・伝え方 | トップページ | 図形と画像の処理:見えの色の実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/29695660

この記事へのトラックバック一覧です: 産業社会と人間:社会人講話報告会の準備:

« コミュニケーション(見学):話の聞き方・伝え方 | トップページ | 図形と画像の処理:見えの色の実験 »